ダンボールにハートの鳥を描く

ダンボールにハートの鳥を描く。
スポンサーリンク

ハートっぽい形のダンボール

ダンボールを適当に切って、そこから想像力を働かせて思いつくものを描く。いくつか切ったダンボールの中からハートっぽい形があったので、これを使って何かを描いてみよう。ハート形だからって安易にハートの何かを描く事はしたくない、ハートのダンボールを右に向けたり下に向けたりしているうちに、とがっている部分がくちばしに見えてきた。するとハートの膨らみの部分が鳥の翼に見えてきた。今回はハートの鳥を描いてみよう。

くちばしが可愛い鳥さん

ダンボールにハートの鳥を描く。完成イラスト

くちばしを黄色と黒で目立たせる

くちばしが印象的になるようにベースに黄色に置きながら、同系色のオレンジを配色、それらをなじませるために白を少し入れて擦ってみた。こうすることによって黄色とオレンジが馴染んでくる。最後にくちばしのアウトラインに黒を乗せて強調させる。黒と黄色は警告色と呼ばれ注意を喚起する色、つまり非常に目立つ色になる。くちばしも黄色と黒でとっても目立つようになった。

身体の色のデティールについて

ダンボールにハートの鳥を描く。アップ

払うように色を塗る

鳥の躍動感を出すためにサッと払うように色を乗せていった。最初に軽やかな印象を出すためにベージュやクリーム色をサッと描いていくことにする、この色が生きてきて後々の強い色を入れても少し柔らかい印象になる。そして配色のベースをピンク系にして補色である青系を少し入れる事で強い印象にしてみた。さらに色をなじませるようにピンク系に近い暖色(黄色やオレンジ色)をポイントで配色していく。最後にそれらの色をさらに強い印象にしたかったので黒で全体の色を強く打ち出すような感じにしてみた。

目にも黒だけじゃなくオレンジなどを入れる事によって注意を喚起する警告色に近い色になるので、とても目立って印象的な目になる。

イラストをフレームに入れる

ダンボールにハートの鳥を描く。額装

完成したハートの鳥さんのイラストはフレームに入れて完成とする。フレームにイラストを入れることで額縁効果と言って、額の中にあるイラストが魅力的に見える効果になる。せっかく描いたイラストなのだから、描いたら終わりではなくイラストに合う額縁を買って入れてみると大切にしたい素敵なイラストになる。額縁はお気に入りのものがあればそれを使えばいいし、買うとしても決して高価なものでなくても良くて、100円ショップなんかで安い額縁があれば、そういった額縁でも充分だ。イラストを額装して、お部屋に飾ると気分も変わってくる。

もしハートのトリさんにいくつか要素を入れるとしたら飛んでるイメージを出すために雲や木の葉を入れたり、流れるような模様を配置してもトリの素早く飛んでる印象が出て良いかもしれない。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク