ダンボールにフクロウを描く

ダンボールにフクロウを描く。アイキャッチ画像
スポンサーリンク

クチバシの大きなフクロウ描く

適当に切ったダンボールがかなり溜まったので、何かイラストを描こうと選んでいたら特徴的な2つのトンガリのあるダンボールを見つけた。オイルパステルを使ってこれで何か描こうかな、トンガリを利用して鬼の顔、横にして大きく口を開けている魚、いろいろ考えた結果トンガリが耳に見えてきたのでフクロウを描く事にした。正面を向いたクチバシの大きなフクロウを描こう。

耳も目立たせよう

フクロウの耳もトンガリが特徴的なので目立たせるように黒い色を乗せる事にした。ちなみにフクロウの耳について調べたら、フクロウって耳の位置が左右違うそうだ、耳が左右違う事で音の方向を的確にとらえる事が出来るらしい。とても機能的なんだね。またフクロウの鳴き声って一般的にホーホーって鳴くと思っていたら、それは一部の種類のみで、犬の吠えるような鳴き声や、細くかすれたような鳴き声など色んな鳴き声のフクロウがいるらしい。

クチバシの大きなフクロウ

ダンボールにフクロウを描く。イラスト

今回はクチバシをオイルパステルで大きく特徴的に描いてみた。色を目立たせる為に黒と黄色をベースカラーにした。黒と黄色の配色は警告色と言い、注意を促したり目立たせたりする印象のある色です。

また黒もそのまま乗せるのではなく下に青や緑などの色面を作って黒で塗りつぶし、そのあとスクラッチ技法といって針金や釘など尖ったもので引っ掻いて下の色を出してみました。こうすることで黒に深みを与えます。

クチバシのデティール

ダンボールにフクロウを描く。拡大

クチバシもスクラッチ技法を使う。下にオレンジ色を乗せて上に白や黄色を乗せて行きます。最後に針金や釘など尖ったもので引っ掻いてオレンジの強い色を柔らかい印象にしてみました。

イラストをフレームに入れる

ダンボールにフクロウを描く。額装

完成したフクロウのイラストはフレームに入れて出来上がりです。イラストを額縁に入れると額縁効果と言い、額の中のイラストが素敵に見える効果があります。特に高価な額縁の必要はないので、自宅に額があればそれを使えば良いし、最近では100均でも素敵な額縁が沢山売っています。額縁ではなく木の小箱なんかも100均で沢山売っているのでペイントアレンジして額縁代わりにしても素敵ですよ。

今回のフクロウは開運や金運など縁起の良い生き物として知られていますので、そんなイメージの額縁を探して飾ってみてもいいですね。

開運、金運の縁起物

フクロウ(梟)は昔から開運や金運など縁起の良い生き物として知られている。

フクロウは夜行性で夜の視界がとても良いので、見通しのきく、先見の明。

首がとても良く回る事からお金で首が回らないという事にならない。金運の象徴。

その見た目から知的なイメージを想起させ勉学、学問の象徴として。

語呂合わせで「不苦労」苦労知らず。「福来」福来る。「福老」幸せに歳を重ねていく。

などなどフクロウは様々な縁起の良いイメージがあります。

 

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク