電子書籍絵本。絵本をつくる

スポンサーリンク

個人で絵本を作るときに考える本

出版社から本を出すときは編集者のアドバイスや校正校閲などの言葉の修正など本を良いものにするために多くの人が関わって作りますが、個人で電子書籍や自費出版などの本を作るときはストーリー、デザイン、フォント選び、等、すべて1人で行う必要があります。そんな1人で絵本を作る場合の完成度を高める方法の電子書籍を作ってみました。

“電子書籍絵本。絵本をつくる” の続きを読む

pukumuku電子書籍絵本制作の流れまとめ

スポンサーリンク

電子書籍絵本制作の流れまとめ

pukumukuの電子書籍絵本を作るときに考える基本的な8つの流れをまとめてみました。

“pukumuku電子書籍絵本制作の流れまとめ” の続きを読む

pukumuku絵本。販売するデータの作成

電子書籍で販売するデータの作成

絵本実際に描いていくの続き

絵本のイラストや文章も描き終え、校正、校閲作業も校了したらいよいよ電子書籍で販売するデータを作成する。

“pukumuku絵本。販売するデータの作成” の続きを読む

pukumuku絵本を実際に描いていく

絵本を実際に描いていく

イラストラフをつくるの続き

イラストラフから実際に絵本を描く

台割からイラストラフを制作したら今度は実際にイラストを描いて絵本を制作していく作業になる。すでにイラストラフがあるのでおおよその構図や色彩などは決定しているはずなので、ここからは絵の具でも立体でも色鉛筆やマーカーパステルでも何でも好きな画材を使って描いていけば良い。ただし文章は子供が読むので、小さなお子さんが楽しく読み進んでいくことを考えて大きな文字や短くて読みやすい文章を考えていく。

“pukumuku絵本を実際に描いていく” の続きを読む