pukumuku電子書籍絵本制作の流れまとめ

スポンサーリンク

電子書籍絵本制作の流れまとめ

pukumukuの電子書籍絵本を作るときに考える基本的な8つの流れをまとめてみました。

“pukumuku電子書籍絵本制作の流れまとめ”の続きを読む

pukumuku絵本。販売するデータの作成

スポンサーリンク

電子書籍で販売するデータの作成

絵本実際に描いていくの続き

絵本のイラストや文章も描き終え、校正、校閲作業も校了したらいよいよ電子書籍で販売するデータを作成する。

“pukumuku絵本。販売するデータの作成”の続きを読む

pukumuku絵本を実際に描いていく

絵本を実際に描いていく

イラストラフをつくるの続き

イラストラフから実際に絵本を描く

台割からイラストラフを制作したら今度は実際にイラストを描いて絵本を制作していく作業になる。すでにイラストラフがあるのでおおよその構図や色彩などは決定しているはずなので、ここからは絵の具でも立体でも色鉛筆やマーカーパステルでも何でも好きな画材を使って描いていけば良い。ただし文章は子供が読むので、小さなお子さんが楽しく読み進んでいくことを考えて大きな文字や短くて読みやすい文章を考えていく。

“pukumuku絵本を実際に描いていく”の続きを読む

pukumuku絵本イラストラフをつくる

台割を見渡す

絵本の台割をつくるの続き

台割が出来上がったら絵本全体のストーリーの組み立てがこれで問題ないか、再度チェック、重要なセリフや物語の切り替わるシーン、キャラクターにこんな表情や表現をさせたいなどあれば台割にカラーペンや蛍光ペンなどで印を付けたり、起承転結で台割を色分けするなど、1人で絵本を作る場合は自分が一番分かりやすい状態にする。また誰か複数で絵本を作る場合は台割を情報共有しやすいように制作する。台割のストーリーや細かい部分など全体が固まったらイラストラフを描いていく。

“pukumuku絵本イラストラフをつくる”の続きを読む