秩父夜祭2017へ行く

秩父夜祭へ行く「アイキャッチ」
スポンサーリンク

レッドアロー号で秩父夜祭へ行く

昨年、東京ミネラルショーに一緒に行った人と秩父夜祭に行ったが、今年も誘われたので行ってみることにした。昨年の秩父夜祭の花火が素晴らしかったので写真を撮って絵本やイラストの資料にしよう。ミネラルショーをゆっくり見て、午前中に予約していた12月3日発の池袋から秩父までのレッドアロー号(特急むさし)で西武秩父駅へ向かう。

秩父夜祭とは

ユネスコ無形文化遺産登録された秩父夜祭(秩父祭の屋台行事と神楽)は「日本三大曳山祭」の一つで、300年以上の歴史を誇る秩父神社の祭りで、高さ約6.5メートル、重さ約15トンの豪華な山車の練り歩きで知られ、「わっしょい、わっしょい」や「ほーりゃーい」などの掛け声で山車が市内を駆け巡る。また6500発の花火も有名だそう。例年30万人の観光客で賑わう。

秩父夜祭概要

屋台などのイベントスケジュール

12/2(金)宵宮のスケジュール
「神楽奉奏」
「宮地・上町・中町・本町」
「秩父郷土芸能公開」
「屋台曳き廻し」
「屋台芝居公開」

12/3(土)本宮のスケジュール
「神楽奉奏」
「笠鉾・屋台曳き廻し」
「秩父路の郷土料理味自慢・土産品即売」
「屋台曳き踊り」
「秩父郷土芸能公開」
「屋台芝居公開」
「おねり(歌舞伎道中)」
「秩父歌舞伎公演」

花火の日程12月2日(金)と3日(土)

2日
19:00〜20:00 スターマイン、単発の打ち上げ花火

3日
19:30〜 花火師達が競い合う日本芸術花火大会
20:50〜 スターマインの競技花火大会
21:20〜 花スターマインや虹のスターマイン大会

レッドアロー号(特急むさし)

秩父夜祭へ行く「レッドアロー号」
臨時増発したレッドアロー号(特急むさし)17:00乗車して18:33分に西武秩父駅到着

秩父夜祭へ行く「西武秩父駅」 西武秩父駅に到着すると改札に出るのが大変なくらい混雑している。

秩父夜祭へ行く「温泉」 駅前には2017年4月24日にオープンした西武秩父駅前温泉「祭の湯」。併設してあるフードコートや土産物屋が人でごった返している。

秩父夜祭へ行く「屋台」 駅前にはものすごい数の露店が立ち並んでいる。

秩父夜祭へ行く「車両通行止」 駅周辺の大通りは車両通行止めになっている。

秩父夜祭へ行く「花火観覧会場」 路地を羊山公園方面に歩いて行くと私有地が有料の花火観覧会場になってる所もあった。

秩父夜祭へ行く「夜店」 路地裏でも居酒屋やパブ、バーなどが自分の店の前で店を出している。駅前の露店もお祭り気分が出ていいが、こういった路地裏の出店も雰囲気があっていいね。

秩父夜祭へ行く「花火」 19:30分になり放送とともに羊山公園から花火が上がり始めた。今日はスーパームーンとのことで月明かりも煌煌と輝いている。

人や車両が花火の上がる方角へ向かって行くと、羊山公園へ向かう坂道の手前に警備員がいて危険なので、これいじょう進入禁止との事で、戻る人と車両で混雑している。

秩父夜祭へ行く「花火」 スターマインや創作花火など花火師の名前など説明とともに打上る。

秩父夜祭へ行く「花火」 一度に沢山の花火が打上ると空が真っ白。

秩父夜祭へ行く「花火」

羊山公園の同じ場所で打ち上げるのではなく位置が違う場所で次々と打ち上げられるので、観客も右を向いたり左を向いたり休む暇がない。

秩父夜祭へ行く「花火」

花火をしばらく眺めて山車を見ようと会場に向かったのだが、人が多すぎて警備員に危ないからと止められて、なかなか良い山車の写真が撮れなかった。

今日はミネラルショー、秩父夜祭、花火と楽しい1日だった。花火の写真も沢山撮れたので、絵本などの資料になるといいな。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク