電子書籍絵本。12星座の神話

電子書籍絵本の紹介「アイキャッチ画像3」
スポンサーリンク

12星座がテーマの絵本

夜空を見上げてみるとそこにはいろんな星座があります。そのなかでも私たちになじみ深い12星座についての絵本を作ってみました。よく見える時期や12星座それぞれの星座にまつわる神話などを12星座をイメージしたキャラクターとともに紹介しています。

12星座の神話 Kindle版

12星座の神話

星座を身近に感じる絵本

星座といっても夜空を眺めると沢山ありすぎて、どこから見たらいいのか、どの星座に興味を持ったらいいのか迷ってしまいます。そこでこの本では私たちに1番なじみ深い星占いなどで見聞きする黄道12星座にスポットをあてて誕生月の星座がよく見える季節の紹介(その星座が午後9時前後に正中する時間)とその星座をより想像して身近に感じてもらうために神話を一緒に紹介してあります。星に興味をもったらまずは自分の誕生月の星座とそれにまつわるギリシャ神話から夜空を楽しむのはいかがでしょうか?

黄道12星座

地球は太陽のまわりを1年かけて1周しているのですが地球からみると逆に太陽が移動しているようにみえます。太陽の通り道を「黄道」というのですが、黄道の上にある星座を1ヶ月に1つあてはめたものを「黄道12星座」といって私たちがよく知っている誕生月の星占いで使われる星座になります。

12星座が見える時期

自分の誕生月の星座を知っているでしょうか?12星座って誕生月に自分の星座をみることが出来ません。それは太陽と地球の位置が大きく関係しています。例えば1月の誕生星座はやぎ座みずがめ座だけど、1月にやぎ座みずがめ座の星座を地球からみると太陽の近くにあるため昼間にやぎ座みずがめ座がのぼっていることになり、夜空に輝くやぎ座みずがめ座をみることが出来ないのです。

自分の誕生星座から星座を探し出す楽しみを感じてみてください。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

pukumuku絵本はいろんなテーマで描いています

みなさんは子供のころ読んだ絵本を覚えているでしょうか?私は子供のころに読んだ絵本から沢山の事を学びました。子供のころは何故?何?など沢山の知識欲や好奇心がいっぱいです。なぜ空は青いの?星が動くの?なんで虫は幼虫、サナギ、成虫になるの?いろんな動物の鳴き声や生き物のウンチの形、世界中のあいさつや風習、なんで?これはなに?そんな様々な何故?何?に応えてくれたり、素敵なファンタジーや空想の世界につれていってくれたのも小さな頃に読んだ絵本でした。それは私が大人になった今でも絵本から得た沢山の知恵や知識は生き続けています。そしてこれから子供達の進む先に私の絵本で、新しい世代の子供達へ知恵や知識のバトンを繋ぎたい、そんな想いで描いています。

pukumukuの絵本が世界中の子供たちの心にとどまり続ける事を願っています。

pukumukuのKindle電子書籍絵本よろしければご覧下さい。
pukumukuehonpukumuku/プクムクのオリジナル電子書籍えほん

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク