電子書籍絵本。ぼくのいちにち

電子書籍絵本の紹介「アイキャッチ画像3」
スポンサーリンク

家族みんなどんな一日なんだろう?

夕飯の時に家族そろった時に、今日はどんな一日だったか、みんなで話した事はありますか?

そんな家族それぞれの時間軸の中で同じ一日の出来事を絵本にしようと思い「くまのいちにちシリーズ」をKindle絵本として制作しました。今回は主人公「ボクの一日」のお話です。

家族っていろんな一日があるんだね

くまの家族(主人公のボク、妹、兄、お母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん)の一日の出来事がテーマのお話です。たった一日でもそれぞれがこんなに沢山の体験をしている様子を絵本にしたいと思って作りました。家族全員の一日を見渡す事で家族とは?自分の家族との関わりとは?みたいな大きなテーマを考えるきっかけになったらと思います。


くまのいちにちシリーズ「ぼくのいちにち

電子書籍絵本 Kindle版:表紙+12ページ(オールカラー)
推薦機種:Kindle Fire、Kindle Fire HD、iPadなど、カラー表示ができるタブレット。

内容紹介
家族ってみんな、どんな一日なんだろう?早起きしてごはんを作ったり、働いたり、遊んだり、勉強したり、家族一人一人、同じ一日なのにいろんな一日があるんだよ!「くまの一日シリーズ」では、熊のお父さん、お母さん、お兄さん、妹、主人公のボク、おじいちゃん、おばあちゃん、クマの家族の一日をそれぞれ一冊ずつの絵本にしたシリーズになっています。同じ家族でもいろんな一日があるんだと思ったら毎日家族でお話するの楽しくなるよね!この本を読み終わったら一日の終わりに家族とどんな一日だったのかお話してみると楽しいよ!

【内容】
くまのいちにちシリーズ、ぼくのいちにち。
クマの主人公である、ぼくの一日を朝から夜までをKindle絵本にしました。おかあさん、おはよう!早起きして、だいすきなサッカーをしたり、お昼には、おかあさんのおいしいお弁当をモグモグ、午後の授業でウトウト、友達とワイワイ遊んだり、夜にはニコニコ楽しくみんなで夕ご飯。一日の出来事を楽しく紹介。家族で楽しめるお話です。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

pukumuku絵本はいろんなテーマで描いています

みなさんは子供のころ読んだ絵本を覚えているでしょうか?私は子供のころに読んだ絵本から沢山の事を学びました。子供のころは何故?何?など沢山の知識欲や好奇心がいっぱいです。なぜ空は青いの?星が動くの?なんで虫は幼虫、サナギ、成虫になるの?いろんな動物の鳴き声や生き物のウンチの形、世界中のあいさつや風習、なんで?これはなに?そんな様々な何故?何?に応えてくれたり、素敵なファンタジーや空想の世界につれていってくれたのも小さな頃に読んだ絵本でした。それは私が大人になった今でも絵本から得た沢山の知恵や知識は生き続けています。そしてこれから子供達の進む先に私の絵本で、新しい世代の子供達へ知恵や知識のバトンを繋ぎたい、そんな想いで描いています。

pukumukuの絵本が世界中の子供たちの心にとどまり続ける事を願っています。

pukumukuのKindle電子書籍絵本よろしければご覧下さい。
pukumukuehonpukumuku/プクムクのオリジナル電子書籍えほん

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク