KDP電子書籍の無料キャンペーン設定

電子書籍の無料キャンペーン設定「アイキャッチ」
スポンサーリンク

多くの人に見てもらうためにKDP無料キャンペーンを行う

Kindleの電子書籍読み放題のKindle Unlimitedが始まってから管理画面を見ていると既読の KENP (Kindle Edition Normalized Pages) の表示があって多くの人が見てくれてくれている事が実感できる。そして、もっと更に多くの人に見てもらうためにKDPの無料キャンペーンを行ってみた。

KDP無料キャンペーンとは?

KDP無料キャンペーンというのはKindle電子書籍を制作している作家がKDPセレクトに登録している電子書籍であれば、販売促進のためKDPセレクト登録期間中の5日間無料でキャンペーンを実施できるというもの。

KDPセレクトとは?

Kindleで電子書籍を販売する作家であれば任意で登録することができるシステムのこと。

KDPセレクトに登録すると35%のロイヤリティ(印税)が70%になり、Kindle読み放題サービスのKindle Unlimited
にも参加できるので、読んだページ数によってもロイヤリティを獲得ができるという仕組みになっている。
ただしKDPセレクトに登録するにはAmazonで独占販売権しなければならない。
KDPセレクトは任意の契約で契約期間は90日間、そして何も変更が無い場合は自動更新される。(KDPセレクトを解除したい場合は契約期間中に解除の設定を行えば契約期間の90日以降は解除される)
KDPセレクトに登録できる電子書籍は250円〜1250円以下で販売しなければ登録できない。よってKDPセレクトのロイヤリティ(印税)が70%を得る場合は250円〜1250円以下の販売設定を行うのがオススメ。
90日間のKDPセレクト期間のうち5日間、登録している電子書籍の無料キャンペーンをすることができます。5日間というのは連続して5日ではなく、トータルで5日間。例えば1日だけ無料キャンペーンを行って残り4日間の無料キャンペーンを別の期間に行うことも可能。

無料キャンペーンの設定

電子書籍の無料キャンペーン設定「設定画面」

無料キャンペーンは管理画面の「本棚」から「キャンペーンと広告」をクリックして「価格キャンペーンを実施」項目にある「無料キャンペーン」をチェックして「無料キャンペーンの実施」をクリック。すると無料キャンペーンの作成画面が出て、開始日と終了日を設定。ページ一番下に「この本のキャンペーンと広告 (開始および終了時間:太平洋標準時)」「無料キャンペーン」開始日と終了日が表示されれば完了。

KDPセレクト無料キャンペーンの効果

Amazonランキングは「有料」と「無料」とつのランキングに分かれていて、無料キャンペーン中はAmazonの無料ランキングに登録される。すると有料で購入したことはないが、Kindleを読む事ができる環境のユーザーへアプローチすることができ、販売(ダウンロード)増えて数が無料キャンペーンの電子書籍がランキング上位にランクインすることができれば結果的に多くのユーザーの目に留まり、他の登録している電子書籍にもスポットが当たる可能性が出てきます。

無料キャンペーンは一定の効果があった

私の場合は無料キャンペーンの期間中、当然無料の電子書籍は沢山読まれたが、同時にKindle Unlimitedの無料キャンペーンを行っていない電子書籍絵本の既読も通常の3倍程に増えました。したがってKDPセレクト無料キャンペーンは一定の効果があると思いました。今回は5日連続で無料キャンペーンを行ったけれども、金土日の3日や月の初めなどに無料キャンペーンを設定するなど更なる工夫すればより多くの人の目に留まるかもしれないと思いました。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

pukumukuのKindle電子書籍絵本よろしければご覧下さい。
pukumukuehonpukumuku/プクムクのオリジナル電子書籍えほん

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク