電子書籍絵本。いろんなたまご

電子書籍絵本の紹介「アイキャッチ画像1」
スポンサーリンク

白、茶色、緑、いろんな卵がいっぱい

子供の頃、百科事典や知育絵本などを読むのが好きで、今でも子供の頃読んだ知育絵本や百科事典で読んだ知識などが役に立ったり、思い起こして懐かしんだりします。そんな子供の頃にいろんな知識を蓄えてなぜなにを育んでもらえたらという思いを込めたのが「みてみようシリーズ」の絵本。何にでも興味津々で虫眼鏡を持って観察するのが大好きなカブトくんとハナちゃんが案内役でいろんな秘密を観察していく絵本になっています。今回は鳥や昆虫、両生類などいろんな生き物のたまごに焦点を当てて、みてみよう絵本を作ってみました。卵って大きい卵、小さい卵、色も白や茶色、緑、迷彩色などいろいろ、そんな卵の秘密をカブトくんとハナちゃんと一緒に観察していきましょう。

「いろんな たまご」 Kindle版

いろんな たまご」みてみようシリーズ

電子書籍絵本 Kindle版:表紙+23ページ(オールカラー)
推薦機種:Kindle Fire、Kindle Fire HD、iPadなど、カラー表示ができるタブレット。

【みてみようシリーズ いろんな たまご】
何でも興味津々なカブトくんとハナちゃんは虫眼鏡をいつも持ち歩いていて観察するのが大好き、今日はいろんな生き物の「たまご」を観察です。鳥の卵、魚や亀など海や川の生き物の卵、昆虫の卵、自然の中には卵を生む生き物がいっぱい!「たまご」っていろんな形や色をしてて不思議だよね!大きい卵、小さい卵、細長い卵、まんまるい卵、粘液で不思議な形の卵にする生き物もいます。色だって白、茶色、緑、まわりの場所にそっくりの色、数だって1個しか生まない生き物、一度に数億個もの沢山の卵を産む生き物、これから赤ちゃんとして生まれてくる大切な命がギュッとつまった卵の不思議をカブトくんとハナちゃんは虫眼鏡を持って観察に行く事にしたんだ。

お子様でも読みやすいように大きな文字になっています
想像力たっぷり楽しみながら読んでみて下さい

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

pukumuku絵本はいろんなテーマで描いています

みなさんは子供のころ読んだ絵本を覚えているでしょうか?私は子供のころに読んだ絵本から沢山の事を学びました。子供のころは何故?何?など沢山の知識欲や好奇心がいっぱいです。なぜ空は青いの?星が動くの?なんで虫は幼虫、サナギ、成虫になるの?いろんな動物の鳴き声や生き物のウンチの形、世界中のあいさつや風習、なんで?これはなに?そんな様々な何故?何?に応えてくれたり、素敵なファンタジーや空想の世界につれていってくれたのも小さな頃に読んだ絵本でした。それは私が大人になった今でも絵本から得た沢山の知恵や知識は生き続けています。そしてこれから子供達の進む先に私の絵本で、新しい世代の子供達へ知恵や知識のバトンを繋ぎたい、そんな想いで描いています。

pukumukuの絵本が世界中の子供たちの心にとどまり続ける事を願っています。

pukumukuのKindle電子書籍絵本よろしければご覧下さい。
pukumukuehonpukumuku/プクムクのオリジナル電子書籍えほん

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク