イラストの配色について(まとめ)

イラストの色についてまとめ
スポンサーリンク

イラストを描く上で効果的な色を考える

イラストやキャラクター作りをおこなう場合、第一に考えたいのは配色のこと。配色が描くイラストとぴったり合っていれば絵のタッチと色の印象でより強いイメージを打ち出すことが出来る。そこでただ適当に色を選ぶのではなく色彩心理などを参考にして説得力のある配色を行うことが重要です。代表的な色について印象や色彩心理について書いていこうと思う。

配色について

イラストやキャラクター作りで配色を考える時に考える代表的な各色についてのイメージを簡潔に書いてみた。より詳しいイメージや色彩心理など説明は各色のリンク先にあるので、気になる色をクリックしてみてください。

赤(レッド)の色彩について
赤の色彩心理についての説明画像
赤は情熱溢れるパワーの強い色、太陽や炎のイメージ。

青(ブルー)の色彩について
青ブルーの色彩心理についての説明画像
青は気分を落ち着かせたり集中力を高める色。青い空や水など自然に関するもののイメージ。

黄色(イエロー)の色彩について
黄色の色彩心理についての説明画像
黄色は明るい光りやぽかぽかした太陽のような印象。陽気で楽しいイメージ。

緑色(グリーン)の色彩について
緑色の色彩心理についての説明画像
緑色は木や森林、草木など自然や生命力のイメージがるので、リラックスしたり穏やかな印象。

茶色(ブラウン)の色彩について
茶色ブラウンの色彩心理についての説明画像
茶色は土の色のイメージ。自然でナチュラルな印象で安心感や安定感の色彩。

桃色(ピンク)の色彩について
ピンク、桃色の色彩心理についての説明画像
桃色(ピンク)は女性的で柔らかくふんわりした印象。恋愛や幸せ感などキュートな印象を効果的に打ち出すのに良い色彩。

橙色(オレンジ)の色彩について
オレンジ、橙色の色彩心理についての説明画像
橙色(オレンジ)はエネルギー溢れる前向きな印象。胃を刺激し食欲増進する心理効果もある。

紫(パープル)の色彩について
紫、パープルの色彩心理についての説明画像
紫は神秘的で高貴な印象やミステリアスな印象がある。階調(トーン)によっても様々な印象になる。

白(ホワイト)の色彩について
白の色彩心理についての説明画像
白は輝く光や美しい肌などのイメージ。清潔感や純真無垢な印象がある。

灰色(グレー)の色彩について
ネズミ色グレーの色彩心理についての説明画像
灰色はモノクロームで落ち着いたイメージ。控えめな色で周りの色とよく馴染む特徴がある。

黒(ブラック)の色彩について
黒、ブラックの色彩心理についての説明画像
黒は重い印象や威圧感のある印象のある色。また黒は他の色を引き立てて強調する効果がある。

銀色(シルバー)の色彩について
銀色、シルバーの色彩心理についての説明画像
銀色は高級で洗練されたハイセンスなイメージと共にロボットや工業製品のような金属質で無機質な印象がある。

金色(ゴールド)の色彩について
金色、ゴールドの色彩心理についての説明画像
金色は文字通りお金のイメージ、高価なもの、高級なものといったイメージがある。

 

今回説明した以外にも様々な色の効果があるので、自分の描くイラストやキャラクターに合う配色を考えクオリティの高いイラスト作りを心掛けると良い。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク