ダンボール箱で撮影ブース作り

ダンボールでブツ撮り「アイキャッチ画像」
スポンサーリンク

簡易ブースできれいに撮影したい

イラストや小物を撮影するときに綺麗に取るためには背景を余計なものが映らないようにしたりライティングなどをしっかりしないとなかなか綺麗にできない。カメラや撮影機材を売っているショップに行くとブツ撮りをするための簡易キットが売っているが、5000円〜1万円近くするので、そんなに頻繁に使用するものでもなかったのでダンボールと100円ショップのライトなどを使い簡単に作ってみる事にした。

完成したダンボールの撮影ブース

ダンボールでブツ撮り「作り方説明画像11」

用意するもの

ダンボール、アルミホイル、白い紙、100均のライト、100均のガムテープ、100均の両面テープ、100均のケーブル留め具。だいたい400~500円で出来上がる。家にガムテープや両面テープ、ライトなどもあればもっと安くできるかも。

ダンボールでブツ撮り「作り方説明画像1」

ちょうど良い大きさのダンボールの2面を切り取り、両脇に両面テープでアルミホイルを貼付ける。あまり綺麗に貼れなくても大丈夫。アルミホイルを貼付けることにより光りを反射させる効果がある。背景用の白い紙をアールに止める。この紙はブツ撮りの背景になる。背景を黒にしたい、他の色にしてみたいなどに対応できるように、取り外しできるように100均のケーブル留め具で止める。白い紙は自宅にあった模造紙を使ったが、無ければカレンダーの裏の白い紙なんかでも良いかもしれない。

ダンボールでブツ撮り「作り方説明画像2」

ダンボールの中央に穴をあける。ここに100均のライトを置くので、ライトに合うサイズにする。

ダンボールでブツ撮り「作り方説明画像3」

ダンボールの裏面には両面テープでアルミホイルを貼って、光を反射拡散させる。

ダンボールでブツ撮り「作り方説明画像4」

ライトを乗せる台を作る。ダンボールに穴を開けて薄くて白い紙(トレーシングペーパーなど)を貼る。このままだとダンボールに強度が不足するので、取り囲むようにダンボールを何枚か貼付けていくとよい。ライトを乗せる台を止めるのでケーブル留め具を4箇所に貼付ける。

ダンボールでブツ撮り「作り方説明画像5」

こんな感じでライトを乗せる部分完成。

ダンボールでブツ撮り「作り方説明画像6」

セリアで買った9SMD&1LEDライトを使う。

ダンボールでブツ撮り「作り方説明画像7」

9SMD&1LEDライトが入っていたプラスチックのパッケージをそのまま使い、ライトを乗せる。これくらいライトを離さないと光源が1点に集中してしまう。あとはこれらを組み立てて行く。

ダンボールでブツ撮り「作り方説明画像8」

薄くて白い紙(トレーシングペーパーなど)を貼ったダンボールを乗せる。

ダンボールでブツ撮り「作り方説明画像9」

その上にライトを置く台を乗せる

ダンボールでブツ撮り「作り方説明画像10」

9SMD&1LEDライトを乗せる。このようにパーツが分かれるように作ったのは収納するときの事を考えたから。屋根型のダンボールを折り畳むなどすれば簡単に片付け省スペースに収納する事も可能だ。

ダンボールでブツ撮り「作り方説明画像11」

ライト点灯。なかなかいい感じだ。

ダンボールでブツ撮り「作り方説明画像12」

撮影したい小物を置く。とりあえずミネラルショーで買ったオパールの原石を置いてスマホで撮影してみた。

ダンボールでブツ撮り「撮影画像」

背景に余計なものが映り込まず、光源も案外いい感じだ。数百円で制作したにしてはなかなか良い簡易撮影ブースが出来上がったと思う。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク