かおごはん(シチューと冷やし担々麺)

かおごはんタイトル画像、茶色とグリーン
スポンサーリンク

かおごはん1品目

おしながき
クリームシチュー(こまった顔)

kaogohan59

簡単クリームシチュー

クリームシチューが食べたくなって作ってみた。玉ねぎとジャガイモを適当な大きさにザクザク切って、鶏肉も食べやすい一口大に切る。鍋に油を敷いて野菜と鶏肉を炒めていく。玉ねぎが透明になったらコンソメ、水と多めの牛乳を入れる。沸騰したら市販のルーを入れてとろみがついたら完成。今回は小麦粉とバターでルーを作らなかったので、30分くらいで出来上がってしまった。

アレンジする

クリームシチューは大きな鍋で作ってしまうと毎回シチューでは飽きてしまう。そこでいつもアレンジしていろいろなレシピにして食べている。マカロニを入れてグラタン、ご飯に掛けてチーズを乗せてドリア風、など応用すれば沢山あったシチューがあっというまに食べて切ってしまう。

こまったクリームシチュー

出来上がったシチューは皿に盛りつけるが、顔にしたほうがたのしいので、かおごはんにする。にんじんがちょうど顔のパーツに使えそうだったので、目、鼻、口のパーツとして配置する。こまった顔のキャラクターかおごはんの出来上がり。

かおごはん2品目

おしながき
冷やし担々麺(おひげ)

kaogohan74

重曹を使えばパスタの麺を中華麺として代用出来るので、最近は中華麺を買わずにパスタを重曹に漬けて代用している。よくスーパーなどに売っている普通の中華麺は縮れ麺だが、パスタで作る中華麺の方がストレートの麺でモチモチしていて、中華麺とパスタのちょうど中間って感じで、市販の中華麺より好きかもしれない。

重曹水に数時間浸す

パスタを数時間水に漬けておくと茹でる時間が1分〜2分くらいで出来上がるが、パスタ麺を中華麺にする時も重曹水に数時間漬けておき、その水と一緒に茹でても1分〜2分くらいで中華麺になる。

最近はパスタも中華麺もパスタの麺を使っていいてパスタの麺の消費が激しいので、はじめて業務スーパーで5キロのパスタ麺を買ってみた。これでパスタの減りを気にしないで思う存分、麺料理が楽しめる。

今回は中華麺と鶏ひき肉で冷やし担々麺を作ってみた。麺のスープは練り胡麻に味噌と砂糖、豆板醤、ごま油、オイスターソース、水などを入れて簡単に本格的な味に近いスープを作る事が出来る。今回は冷やし担々麺なので濃厚、ドロっとしたスープにしてみた。

ひげ担々麺

冷やし担々麺も普通に盛りつけるよりも顔にしたほうが楽しいので、かおごはんにする。どんぶりに担々麺スープを注ぎ、麺を入れる。鶏ひき肉は髭にするので下の方に敷いていく。あとは海苔で目、鼻、口、眉毛を付ければ、ヒゲのキャラクターかおごはんの出来上がり。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク