かおごはん(パスタとフレンチトースト)

かおごはんタイトル画像、ショッキングピンクとピンク
スポンサーリンク

かおごはん1品目

おしながき
タラコパスタ(ほほえみ)

かおごはん「タラコパスタ」

タラコにはビタミンEやタウリンなど身体に良い成分を含んでいますが、痛風の原因となるプリン体やコレステロールなども多め。少量なら身体に良い効果もありますが、取りすぎには注意。

ほほえむタラコパスタ

タラコパスタも顔になっていたほうが楽しいので、かおごはんにします。タラコソースを作る。鍋にタラコ、バター、牛乳か生クリーム、醤油を好みの味になるように混ぜ合わせて軽く火を通します。パスタを茹でて、ちょうど良い固さになったらボールに入れたタラコソースに混ぜ合わせます。パスタ皿にソースとパスタを盛りつけて、目と口の部分にタラコ、鼻の部分に穴をあけたら、タラコパスタのキャラクター顔ごはんの出来上がりです。

かおごはん2品目

おしながき
フレンチトースト(あご)

かおごはん「フレンチトースト」

フレンチトーストを作る時に使う卵には良質なタンパク質やビタミンミネラルなども沢山含まれています。ただしフレンチトーストには砂糖やバターなども使うためにカロリーが高めになるので食べすぎには注意しましょう。

あごのフレンチトースト

フレンチトーストも顔になっていたほうが楽しいので、かおごはんにします。卵液を作る。卵、牛乳、砂糖、バター、バニラエッセンス少々を混ぜて卵液を作る。平皿に卵液を入れて食パンを浸します。食パンが卵液を吸い取ったらフライパンにバターを入れて両面をこんがり焼いていきます。できあがったフレンチトーストの三分の一くらいの所を切り、目と鼻のところに穴をあければ、あごが印象的なフレンチトーストのキャラクター顔ごはんの出来上がりです。

インスタグラムでもかおごはん

インスタグラム(instagram)では食べたものを「かおごはん」にしてアップしています。食事をする時にただ食べるよりは顔になっていると少しだけ楽しい気分になります。

プクムク/pukumukuの「かおごはん」のインスタグラムはこちら

キャラ弁みたいにすごいお料理は時間が掛かるけれど、顔のためにわざわざ食材を持ってこなくてもその時の食事のおかずやご飯だけで簡単に「かおごはん」が出来上がります。食材もあまりなかったらその時の食事の具材に穴を開けたりして目や鼻や口の位置におかずを配置したり穴をあけるだけ、その時にある食材だけで時間がなくても「かおごはん」になります。

顔があると少し楽しい気分になる

時間がないときは簡単に「かおごはん」を作ればいいし、怒った顔、笑った顔、悲しい顔などその時の気分や食材でいろいろな顔を作ると、あわただしい時間の中でも食事の前のほんの1分くらいでサッと顔を作るだけで、ちょっと楽しい豊かな気分になる事でしょう。すごい盛りつけを考えるよりも顔にする方が数分でできて簡単だし面白いですよ。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク