かおごはん(ブリ味噌焼きと根菜カレー)

かおごはんタイトル画像、緑色
スポンサーリンク

かおごはん1品目

おしながき
ブリ味噌焼きとアサリの佃煮(びっくり)

かおごはん「アサリ佃煮、ブリ味噌焼き」

ブリが安かったので買って味噌漬け焼きを作る事にした。ビニール袋にみそ1カップ。酒、大さじ1。みりん、大さじ1。ごま油、大さじ1。しょうがすりおろし、小さじ1。にんにくすりおろし、小さじ1。砂糖小さじ1。七味唐辛子、少々。を入れ混ぜ合わせてから、ブリ4切れを一緒に入れ揉み込む。ビニール袋で混ぜ込むと味がしみ込みやすく後処理も楽になる。そのまま冷蔵庫で半日から1日漬けておき、フライパンで焼き上げると、ブリの味噌焼きが出来上がる。

ビックリしたブリ味噌焼き

ブリが焼き上がったら盛りつけだが、顔になっていた方が楽しいので、かおごはんにする。平皿の下にブリの味噌焼きを盛りつけ、冷蔵庫にあったアサリの佃煮とネギで目、眉、鼻を作ったら、大きな口をあけてビックリしたキャラクターかおごはんの出来上がり。

かおごはん2品目

おしながき
根菜カレーにフライドポテト(金髪)

かおごはん「カレー」

冷蔵庫に根菜カレーがあまっていたので、フライドポテトを揚げて一緒に添えてみた。

調べてみたらフライドポテトには形によって名前が違うらしい。マクドナルドやロッテリアなどで出る細くて長いフライドポテトはシューストリングポテト。ケンタッキーフライドチキンで出るような太く短いフライドポテトはストレートカットポテト。皮付きで自然のままカットしたフライドポテトはナチュラルカットポテト。波状にカットしたフライドポテトはクリンクルカット。今回のはクリンクルカットのフライドポテトなんだね。

金髪根菜カレー

カレーも盛りつける時に顔になっていた方が楽しいので、かおごはんにする。上の方に玄米ご飯、下の方に根菜カレー、目、口をゴボウ。鼻をニンジン。最後にクリンクルカットのフライドポテトを頭に盛りつければ、金髪のキャラクターかおごはんの出来上がり。

インスタグラムでもかおごはん

インスタグラム(instagram)では毎日食べたものを「かおごはん」にしてアップしています。食事をする時にただ食べるよりは顔になっていると少しだけ楽しい気分になります。

プクムク/pukumukuの「かおごはん」のインスタグラムはこちら

キャラ弁みたいにすごいお料理は時間が掛かるけれど、顔のためにわざわざ食材を持ってこなくてもその時の食事のおかずやご飯だけで簡単に「かおごはん」が出来上がります。食材もあまりなかったらその時の食事の具材に穴を開けたりして目や鼻や口の位置におかずを配置したり穴をあけるだけ、その時にある食材だけで時間がなくても「かおごはん」になります。

顔があると少し楽しい気分になる

時間がないときは簡単に「かおごはん」を作ればいいし、怒った顔、笑った顔、悲しい顔などその時の気分や食材でいろいろな顔を作ると、あわただしい時間の中でも食事の前のほんの1分くらいでサッと顔を作るだけで、ちょっと楽しい豊かな気分になる事でしょう。すごい盛りつけを考えるよりも顔にする方が数分でできて簡単だし面白いですよ。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク