かおごはん(ソーセージと白身魚フライ)

かおごはんタイトル画像、茶色とグリーン
スポンサーリンク

かおごはん1品目

おしながき
ハーブソーセージとポテトサラダ(くちびる厚め)

かおごはん「ハーブソーセージ、ポテトサラダ」

ソーセージはサイズや動物の腸によって名称が違ってくるそうだ。羊の腸に詰め直径20mm未満のソーセージのことをウィンナーソーセージ、豚の腸に詰めた直径20mm以上36mm未満のソーセージのことをフランクフルトソーセージ、牛の腸に詰めた直径36mm以上のソーセージのことをボロニアソーセージだそう。ほかにも原材料の配分によって上級や特級など様々な決まりがあるそうだ。

くちびる厚めのハーブソーセージ

ソーセージも盛りつけるときに顔になっていたほうが楽しいので、かおごはんにする。付け合わせにジャガイモとタマネギたっぷりのポテトサラダを作り鼻に配置。キャベツ炒めを作り、ほんの少しだけちぎって目に配置、ハーブソーセージを二本クチビルに配置したら、大きくて分厚いクチビルのハーブソーセージのキャラクターかおごはんのできあがり。

かおごはん2品目

おしながき
白身魚フライとポテトサラダ(くちびる厚め)

かおごはん「白身魚フライ、ポテトサラダ」

白身魚フライと言っても様々な白身の魚が白身魚のフライとして使用されているそうだ。有名なところではスケトウダラなどのタラやスズキ、オヒョウ。他にもホキ、メルルーサ、ナイルパーチ、ブルー・ホワイティング、ナマズといったものが白身魚フライとして流通しているそう。

くちびる厚めの白身魚フライ

白身魚フライも盛りつけるときに顔になっていたほうが楽しいので、かおごはんにする。付け合わせに付け合わせにジャガイモとタマネギたっぷりのポテトサラダを作り目に配置します。卵と玉ねぎとピクルスでタルタルソースを作り鼻にちょこんと配置。白身魚フライを二枚クチビルに配置したら、大きなクチビルでインパクトのある白身魚フライのキャラクターかおごはんのできあがりです。

インスタグラムでもかおごはん

インスタグラム(instagram)では食べたものを「かおごはん」にしてアップしています。食事をする時にただ食べるよりは顔になっていると少しだけ楽しい気分になります。

プクムク/pukumukuの「かおごはん」のインスタグラムはこちら

キャラ弁みたいにすごいお料理は時間が掛かるけれど、顔のためにわざわざ食材を持ってこなくてもその時の食事のおかずやご飯だけで簡単に「かおごはん」が出来上がります。食材もあまりなかったらその時の食事の具材に穴を開けたりして目や鼻や口の位置におかずを配置したり穴をあけるだけ、その時にある食材だけで時間がなくても「かおごはん」になります。

顔があると少し楽しい気分になる

時間がないときは簡単に「かおごはん」を作ればいいし、怒った顔、笑った顔、悲しい顔などその時の気分や食材でいろいろな顔を作ると、あわただしい時間の中でも食事の前のほんの1分くらいでサッと顔を作るだけで、ちょっと楽しい豊かな気分になる事でしょう。すごい盛りつけを考えるよりも顔にする方が数分でできて簡単だし面白いですよ。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク