かおごはん(ホットサンドとおろし蕎麦)

かおごはんタイトル画像、茶色
スポンサーリンク

かおごはん1品目

おしながき
ポテトサラダと卵のホットサンド。ポテトサラダとフライドポテト添え(モンスター?)

かおごはん「ポテトサラダのホットサンド」

私の時間がない時の定番のホットサンド。今日は昨日余ったポテトサラダに目玉焼きを追加してホットサンドを作ります。そしてこれまた昨日余ったフライドポテトも添えてみました。フライパンにホットサンドを入れてアルミホイルを掛けてヤカンで押せば、ものの数分でこんがり美味しそうな焦げ目が付いて熱々ホットサンドの出来上がりです。

モンスターホットサンド

ホットサンドが出来たら盛りつけるだけだけど顔にしたほうが楽しいので、かおごはんにします。ホットサンドを対角線上で切り平皿に少し間を空けて置きます。ポテトサラダの人参と玉ねぎを取り出し目と鼻にします。フライドポテトを髭のように並べ、耳の部分にもポテトサラダを配置したら、ちょっと不思議?怖い?モンスターのかおごはんの出来上がり。

かおごはん2品目

おしながき
大根おろしと鶏団子蕎麦。(怒ってる?)

かおごはん「おろし蕎麦」

大根が安かったので大根おろし蕎麦を作ってみた。たっぷりの大根おろしは少し辛みがあって麺つゆと一緒に混ぜながら混ぜるととっても美味しい。

大根はおろしかたによって辛さが違う

大根おろしってすり方やする向きによって辛さが全然違うようです。辛いのが嫌いな場合はなるべく葉に近い上の部分をおろすと若干辛みが弱いそうです。また辛み成分は部分に集中しているので辛いのが苦手な人は更に皮を厚めにむくと辛みが緩和されます。

また逆に辛いのが大好き!って人は下の根に近い部分から大根をおろすと辛みが強い大根おろしになります。その時に皮はむかずにそのままおろすと、より辛みが感じられるそう。

辛み成分はアンチエイジング効果がある

大根の辛み成分はイソチアシオネートという辛み成分によって出来ていいて、血液をサラサラにしてアンチエイジングの効果、殺菌、抗酸化作用、食中毒予防、などとてもいい効果があるので、積極的に食べると良いみたいです。ただしイソチアシオネートの成分はしばらくおいておくと作用が薄れてしまうので、すり下ろしてなるべく30分以内に食べると効果が期待できるそうです。

鶏団子も投入

大根おろしだけだと寂しいので今回は鶏団子を追加してみた。鶏団子は鶏ひき肉が安い時に沢山作っておいて作り置きしておくと便利。ショウガ、ネギ、卵、片栗粉、醤油などを入れて混ぜてお湯の中に入れれば簡単に出来上がるので、今回のように蕎麦に入れたり。甘酢あんに絡めて食べたり、お弁当に入れたりとバリエーション豊かに使えます。

怒ってる?大根おろし蕎麦

あとは蕎麦を茹でて盛りつけるだけだけど顔にしたほうが楽しいので、かおごはんにします。どんぶりに蕎麦、温かいめんつゆを入れます。周囲を取り囲むように大根おろしを敷き詰めます。鶏団子を3つ、目と鼻に配置。目の中心に小さく切った海苔を配置して人参で眉毛と口を配置すれば、ちょっと怒ってるキャラクターかおごはんの出来上がり!

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク