かおごはん(天ぷら蕎麦とホットサンド)

かおごはんタイトル画像、茶色
スポンサーリンク

かおごはん1品目

おしながき
かき揚げとエビ天、玉子の天ぷらそば(おおきな鼻)

かおごはん「てんぷら蕎麦」

天ぷらを作る時はエビ天やかき揚げ、茄子、カボチャ、ししとう、きのこなど、いろいろな食材の天ぷらを一度に沢山揚げておきます。そして小分けして冷凍しておくと食べる時にオーブンで温めるだけで美味しくカラッと温める事が出来ます。今回は冷凍庫からかき揚げとエビ天を取り出して天ぷらそばにしてみました。

鼻の大きな天ぷらそば

蕎麦をゆでて温かい汁をかけたら盛りつけるのですが、顔になっていた方が楽しいのでかおごはんにします。丼の真ん中に玉子をいれて、頭にかきあげ、口にエビ天を配置したら鼻の大きなキャラクターの天ぷらそばの出来上がりです。

かおごはん2品目

おしながき
ホットサンド(ちょっと困った顔)

かおごはん「ホットサンド」

ホットサンドも時間がないときにすぐ出来るメニューです。六枚切りの食パンを二枚用意してマスタードとケチャップを塗ってキャベツやチーズなど好きな具材を沢山入れます。あとはヤカンなどの底で押さえながらフライパンで焼けば数分でこんがり焼き目のホットサンドが出来ます。

ちょっと困ったホットサンド

ホットサンドも盛りつける時に顔になっていた方が楽しいのでかおごはんにします。今回はキャベツのホットサンドなのでキャベツで目鼻口を入れたら、ちょっと困り顔のキャラクターかおごはんの出来上がりです。

インスタグラムでもかおごはん

インスタグラム(instagram)では毎日食べたものを「かおごはん」にしてアップしています。食事をする時にただ食べるよりは顔になっていると少しだけ楽しい気分になります。

プクムク/pukumukuの「かおごはん」のインスタグラムはこちら

キャラ弁みたいにすごいお料理は時間が掛かるけれど、顔のためにわざわざ食材を持ってこなくてもその時の食事のおかずやご飯だけで簡単に「かおごはん」が出来上がります。食材もあまりなかったらその時の食事の具材に穴を開けたりして目や鼻や口の位置におかずを配置したり穴をあけるだけ、その時にある食材だけで時間がなくても「かおごはん」になります。

「かおごはん」は難しい事は一つもありません。ご飯にふりかけ、パンにジャム、その時にあるおかずなどで、目や鼻、口を作ったら、かおごはんの出来上がり

顔があると少し楽しい気分になる

時間がないときは簡単に「かおごはん」を作ればいいし、怒った顔、笑った顔、悲しい顔などその時の気分や食材でいろいろな顔を作ると、あわただしい時間の中でも食事の前のほんの1分くらいでサッと顔を作るだけで、ちょっと楽しい豊かな気分になる事でしょう。すごい盛りつけを考えるよりも顔にする方が数分でできて簡単だし面白いですよ。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク