かおごはん(鶏モツ煮と人参かき揚げ)

かおごはんタイトル画像、茶色
スポンサーリンク

かおごはん1品目

おしながき
きんかんとモツ煮込み(にっこり)

kaogohan49

市場で玉ひもが安かったので初めて買ってきた。黄色い玉子のようなものが沢山入っている鶏もつだ、今まで食べた事なかったので、初めて食べてみた。独特の臭みがあるようなので、ショウガとニンニクを入れ砂糖醤油、豆板醤を少々入れて煮込んでみた。思ったより臭みもなく、むしろ美味しい。居酒屋にありそうな濃い味になって、これだけでご飯何杯もいけそうだ。

玉ひも

黄色い玉子みたいなものだけだとタマミチ・キンカン・チョウチンなどいろいろな呼び名がある。玉ひもは鶏のメスの卵管と周辺の部位のことをまとめて呼ぶ総称のようだ。生む前の玉子なので濃厚な玉子の味をイメージしていたが全然違って、ちょっと固い白身みたいな食だった。

目を回すキンカン

今回もかおごはん。美味しいのでご飯に乗せて丼にしよう。キンカンは目にしようと思っていたので2つ配置して青ネギを目の中心に置いた、頭に髪の毛っぽくモツを配置、口に付け合わせに焼いたネギを置いたら目を回しているようなキャラクターのかおごはんになった。

かおごはん2品目

おしながき
にんじんかき揚げ(ヒゲのひと)

kaogohan54

カットして冷凍

人参を沢山頂いた。食べきれないので、放置して芽が出てしまわないよう乱切り、短冊切り、イチョウ切り、細切りなど様々な切り方をして冷凍することにした。いろいろなサイズに野菜をカットして冷凍しておくと料理の時に時間短縮にもなり重宝する。

一口大のかき揚げにする

ある程度冷凍したところで、残りの人参を細切りしてかき揚げを作る事にした。ボウルに細切り人参、天ぷら粉を入れて分量通りの水を入れて混ぜ合わせる。揚げ油を170度くらいにしたら、一口大の大きさに分けて揚げていく、衣が固くなってきたら裏返して揚げていく。次第に油のパチパチした泡が小さくなって、人参が浮かんできたら、かき揚げの出来上がり。

人参ヒゲおじさん

ただ盛りつけるのもつまらないので今回も楽しい気分のかおごはんにする。かき揚げの天つゆに入れるために大根おろし作ったのでそれを目にしてみた。大根おろしに麺つゆを少したらして黒目にしたら少しだけ表情が豊かになった。鼻はおろしたてのショウガ。周りを人参のかき揚げで賑やかに顔の輪郭にしていった。ただの顔だとつまらないのでヒゲっぽくしたら、ヒゲおじさんキャラクター顔ご飯のできあがり。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク