かおごはん(串カツと大根おろしそば)

かおごはんタイトル画像、赤と緑
スポンサーリンク

かおごはん1品目

おしながき
しいたけの串カツ(おおきな目)

かおごはん「椎茸フライ」

しいたけが安かったので、小麦粉、溶き玉子、パン粉をつけて串カツにしてみた。揚げたてをウスターソースつけて食べてもいいし、玉子と玉ねぎでとじて椎茸カツ丼にしても美味しい。

大きな目のしいたけ串カツ

揚げた椎茸串カツを盛りつける時も顔になっていたほうが楽しいので、かおごはんにする。丸い傘の椎茸串カツは目に、石突きの部分を重ねて串に刺した串カツは鼻と口にしたら大きな目のキャラクターかおごはんの出来上がり。

かおごはん2品目

おしながき
大根おろしそば(にっこり)

かおごはん「大根おろし蕎麦」

さっぱりした蕎麦を食べたいので、食感を出すために大根おろしを鬼おろしなどで荒めにすり下ろしたのと、こまかくすり下ろしたものをあわせて、大根おろし蕎麦を作ってみた。出汁を取り、醤油やみりん、酒、などをあわせて蕎麦汁を作り、鍋一杯の水を沸騰させて蕎麦を茹で、大根おろしを載せれば大根おろし蕎麦の出来上がり。

にっこり大根おろし蕎麦

蕎麦を盛りつけるのも顔になっていた方が楽しいので、かおごはんにする。茹で上った蕎麦と蕎麦つゆを丼に盛りつけ、大根おろしを上から敷き詰める。青ネギで目、眉、口を作り、頬に七味唐辛子をふりかけたら、にっこりキャラクターかおごはんの出来上がり

インスタグラムでもかおごはん

インスタグラム(instagram)では毎日食べたものを「かおごはん」にしてアップしています。食事をする時にただ食べるよりは顔になっていると少しだけ楽しい気分になります。

プクムク/pukumukuの「かおごはん」のインスタグラムはこちら

キャラ弁みたいにすごいお料理は時間が掛かるけれど、顔のためにわざわざ食材を持ってこなくてもその時の食事のおかずやご飯だけで簡単に「かおごはん」が出来上がります。食材もあまりなかったらその時の食事の具材に穴を開けたりして目や鼻や口の位置におかずを配置したり穴をあけるだけ、その時にある食材だけで時間がなくても「かおごはん」になります。

顔があると少し楽しい気分になる

時間がないときは簡単に「かおごはん」を作ればいいし、怒った顔、笑った顔、悲しい顔などその時の気分や食材でいろいろな顔を作ると、あわただしい時間の中でも食事の前のほんの1分くらいでサッと顔を作るだけで、ちょっと楽しい豊かな気分になる事でしょう。すごい盛りつけを考えるよりも顔にする方が数分でできて簡単だし面白いですよ。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク