かおごはん(麻婆豆腐と回鍋肉)

かおごはんタイトル画像、緑色
スポンサーリンク

かおごはん1品目

おしながき
麻婆豆腐(ガイコツ?)

kaogohan80

最近よく麻婆豆腐を作る。その度に豆板醤、甜麺醤、オイスターソースなどの分量を変えて作ってみる。今回は練り胡麻を入れてみたら濃厚さが増していつもより美味しくなった。

麻婆豆腐の作り方

豆腐:2丁
鶏ひき肉:200g
長ねぎ:半分長ねぎ
(調味料)
チューブにんにく:適量
しょうが:適量
豆板醤:小さじ1
練り胡麻:小さじ1
甜麺醤:大さじ1
オイスターソース:小さじ1
鶏がらスープ:大さじ1
紹興酒:大さじ1
胡麻油:大さじ1
醤油:大さじ1
水:250cc
水溶き片栗粉:大さじ1〜2

最近はだいたいこれらの材料の分量を基準にして甘いほうが良ければ砂糖多め、風味と辛みを強くする時は山椒を更に加えたりして麻婆豆腐を作っている。あと冷めてからレンジで温めると水っぽくなる事があるので、結構多めに片栗粉を入れると水っぽくならないのでオススメ。

骸骨麻婆豆腐

麻婆豆腐が出来上がったらあとは盛りつけるだけ、しかし顔の方が楽しいので、かおごはんにする。深皿かどんぶりに麻婆豆腐を入れる。玄米ご飯を真ん中に入れ菜箸などで目と口を作ればガイコツみたいなキャラクターかおごはんの出来上がり。

かおごはん2品目

おしながき
回鍋肉ホイコーロー(おかっぱ頭)

かおごはん「回鍋肉」

回鍋肉(ホイコーロー)も麻婆豆腐と使う材料はほとんど同じなので一緒に作る事にした。中華街などに行くと本場の回鍋肉は四川料理の一つなので辛いことが多い。辛いのが苦手な人は豆板醤の量を減らし砂糖を増やすなどして自分の好みの味付けにすると良い。

四川料理の回鍋肉にはキャベツが入っていない

また回鍋肉にはキャベツが入っているのが当たり前のように思っているが、本場の四川料理の回鍋肉はキャベツが入っていないでピーマンやネギ、ニンニクなどの事が多い。これも自己流の回鍋肉なので台所の余っている材料など好きな材料を入れると良いでしょう。回鍋肉の肉は豚肉を使う事が多いが、中華料理では牛肉を使った牛肉回鍋もあるので、肉に関しては好みで好きな肉を使ってみるといいかもしれない。例えばヘルシーに鶏肉の回鍋肉でも美味しいかもしれない。

おかっぱ回鍋肉

回鍋肉が出来上がったら盛りつけるだけだが顔になっていたほうが楽しいので、かおごはんにする。平皿に髪の毛に見立てて回鍋肉を敷く、次に目、鼻、口の部分に肉や野菜など適当な大きさのものを配置すれば、おかっぱ頭のキャラクターかおごはんの出来上がり。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク