かおごはん(おからハンバーグとお好み焼き)

かおごはんタイトル画像、黄色と紫
スポンサーリンク

かおごはん1品目

おしながき
おからハンバーグ(メガネ?)

kaogohan77

ヘルシーなハンバーグ作り

カロリー控えめでヘルシーなハンバーグを作ろうと思い、おからハンバーグを作ってみた。ちょっとパサパサしてしまう事があるので作る時、ひき肉以外にタマネギのみじん切りや牛乳や片栗粉を入れて水分を保つ工夫をすると美味しいおからハンバーグになった。

食物繊維とカルシウムが豊富

おからは豆腐のしぼりかすの事。おからには食物繊維やカルシウムをとても多く含んでいて便秘解消や大腸がんの予防にも繋がるそうだ。また、おからハンバーグのように総菜としてだけではなくクッキーなどスイーツなど幅広く使われている。カロリーも低いのでダイエットや食事制限をしている人にはぴったりな食材。

簡単ハンバーグ

ひき肉、おからは5対5くらいの比率で、あとはタマネギ、牛乳、パン粉、塩こしょうを入れて混ぜ合わせハンバーグの形に成形したらフライパンで裏表5分ずつくらい焼けば完成。ハンバーグを作る時は沢山作っておいて冷凍しておくと忙しい時に食べる量だけ取り出せばいいので便利。今回は10個程おからハンバーグを作った。

おからメガネハンバーグ

出来上がったおからハンバーグを盛りつけるのもかおごはんにしたほうが楽しい。ハンバーグを2個平皿に並べてみる。メガネに見えてきた。付け合わせに作ったキャベツのごま油和えを目と頭に配置。ケチャップと中濃ソースを混ぜた簡単なソースを口にあしらったらメガネ?ぽいキャラクターかおごはんの出来上がり。

かおごはん2品目

おしながき
お好み焼き(ガイコツ)

kaogohan72

肉なしお好み焼き

キャベツが安いので2玉は冷蔵庫の野菜室にストックしている。今日もキャベツを使ってお好み焼きにした。肉を摂取制限しているので、肉無しキャベツのみのヘルシーなお好み焼きにしている。キャベツはビタミンや食物繊維が豊富だが、小麦粉が入っているのでカロリーがやや高いらしい。

卵なしでもおいしい

キャベツを細く切って、小麦粉、卵、ほんだし、水を入れる。コレステロールが気になる場合は卵なしで作っても美味しいお好み焼きになる。ボールに全部入れてざっくりと混ぜて焼けばお好み焼きの完成。

お好み焼きガイコツ

お好み焼きに普通にソースをかけて食べても美味しいが、顔にしたら楽しいのでかおごはんにする。焼きたてのお好み焼きを平皿に載せる。口を作ろうと半分に切って、そこにソースを流してマヨネーズを掛ける。目を作ろうと穴をあけソースを入れ、マヨネーズを目の中心に入れたらガイコツキャラクターのかおごはんのできあがり。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク