かおごはん(極東サソリと高麗人参)

かおごはんタイトル画像、緑色
スポンサーリンク

かおごはん1品目

おしながき
極東サソリと海馬(嫌そうな顔)

かおごはん「タツノオトシゴ、極東サソリ」

以前の薬酒作りの記事

はじめての薬酒とラベルイラスト作り
はじめての薬酒とラベルイラスト作り2

薬酒を作るために漢方の原材料を卸しているショップに伺い、見た目がちょっとインパクトのある生き物系の薬酒とオーソドックスな高麗人参などを使った薬酒の2種類を作る事にしたのだが、ホワイトリカーに漬ける前にかおごはんにしてみた。

極東サソリと海馬(タツノオトシゴ)

極東サソリは中国では高級薬膳料理などにも出されるそうだ、コレステロールや中性脂肪を下げる有用成分がある。海馬(タツノオトシゴ)は幸運の象徴や、安産、健康運のお守りにもされていたそう。

嫌そうな顔のサソリとタツノオトシゴ

極東サソリを眉と目と鼻、タツノオトシゴを口にしてちょっと嫌な顔。写真を撮り終わったらホワイトリカーに漬けて1年程漬けタツノオトシゴとサソリの薬酒の出来上がりです。

かおごはん2品目

おしながき
生高麗人参と紅景天(うれしそう)

かおごはん「高麗人参、紅景天」

生高麗人参はサポニンという成分が代謝を良くし免疫力を向上させる働きがあるそうだ。紅景天はクマリンという成分が血流改善やむくみなどによいそうだ。

うれしそうな高麗人参と紅景天

紅景天を目と鼻、生高麗人参を口にしたら、にっこりうれしそうな顔ごはんになった。写真を撮り終わったらホワイトリカーに漬けて1年程漬け紅景天と生高麗人参の薬酒の出来上がりです。

インスタグラムでもかおごはん

インスタグラム(instagram)では毎日食べたものを「かおごはん」にしてアップしています。食事をする時にただ食べるよりは顔になっていると少しだけ楽しい気分になります。

プクムク/pukumukuの「かおごはん」のインスタグラムはこちら

キャラ弁みたいにすごいお料理は時間が掛かるけれど、顔のためにわざわざ食材を持ってこなくてもその時の食事のおかずやご飯だけで簡単に「かおごはん」が出来上がります。食材もあまりなかったらその時の食事の具材に穴を開けたりして目や鼻や口の位置におかずを配置したり穴をあけるだけ、その時にある食材だけで時間がなくても「かおごはん」になります。

顔があると少し楽しい気分になる

時間がないときは簡単に「かおごはん」を作ればいいし、怒った顔、笑った顔、悲しい顔などその時の気分や食材でいろいろな顔を作ると、あわただしい時間の中でも食事の前のほんの1分くらいでサッと顔を作るだけで、ちょっと楽しい豊かな気分になる事でしょう。すごい盛りつけを考えるよりも顔にする方が数分でできて簡単だし面白いですよ。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク