かおごはん(すじこ丼と豚肉味噌漬け丼)

かおごはんタイトル画像、黄色と紫
スポンサーリンク

かおごはん1品目

おしながき
すじこ丼(つぶらな瞳)

かおごはん「すじこ丼」

筋子は美味しくてついつい食べすぎてしまうと、コレステロールや塩分取りすぎになってしまうので、なるべく少しだけ食べるように心掛けています。あつあつご飯にほんの少し筋子を乗せて食べると濃厚な味が広がって美味しい。時間がなくて急いでいる時などは筋子を少し乗せたご飯に味噌汁だけでも充分。

筋子のキラキラした瞳

ごはんに筋子を盛りつける時。顔になっていたほうが楽しいのでかおごはんにします。玄米ご飯をご飯茶碗に盛りつけて筋子を頭、目、口に置きます。鼻にネギを奥と赤と緑の補色のコントラストがかわいい。キラキラつぶらな瞳のかおごはんのできあがり。

かおごはん2品目

おしながき
豚肉の味噌漬け丼(おさるさん)
かおごはん「豚の味噌漬け」

豚カルビ肉を沢山買ったので、普通に焼いて食べる分と味噌漬けにする分に分けてみた。味噌漬けにすると豚肉がびっくりするくらい柔らかくなって美味しいので豚ロースや豚カルビなど多めに買ってよく作っています。ただし1日くらい漬けないとイケナイから時間がある人は試してみるといいですよ。

味噌漬けの作り方

味噌漬けの作り方は簡単。いつも下記の分量を目安に甘い豚味噌漬けがよければ砂糖を増やしたり、好みにあわせて分量を変化させます。

味噌:大さじ3
みりん:大さじ1
酒:大さじ1
砂糖かハチミツ:大さじ1
醤油:大さじ1
ごま油:大さじ1
ニンニクとショウガ:お好みで適量

ジップロックに入れて1〜2日漬ける

ジップロックを用意して豚肉と一緒に上記の調味料を入れます。もう一手間、そのまま豚肉を入れても柔らかくて美味しいのだけど、ロース豚なんかだとスジがあるので筋切りをするともっと柔らかくなって美味しいです。あとは1〜2日冷蔵庫で漬け込んだら出来上がり。焼く時は味噌の部分がこげやすいのでフライパンにクッキングシートなど敷いて焼くと後片付けが簡単で便利。

付け合わせのキャベツサラダ

肉だけだと栄養が偏りがちになってしまうので、キャベツサラダを作ります。今回はビニール袋に一口大に切ったキャベツを入れて胡麻油、塩を入れて揉むだけ。簡単だけど美味しいサラダに早変わりです。もし塩昆布があると一緒に入れるともっと美味しいですよ。

味噌漬けサル

あとは豚味噌焼きを盛りつけるだけだけど、顔になっていたほうが楽しいので、かおごはんにします。ご飯茶碗に玄米ご飯を盛りつけ、豚味噌焼きを口、耳にします。あとはキャベツを頭、口にして、目と鼻とネギであしらえば、おさるさんのキャラクターかおごはんの出来上がり。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク