かおごはん(天丼とお好み焼き)

かおごはんタイトル画像、茶色とグリーン
スポンサーリンク

かおごはん1品目

おしながき
天丼(ピエロみたいな顔)

かおごはん「天丼」

天ぷらを解凍してオーブンで温めると揚げたてのようになる。時間がないときは天ぷらなど冷凍して作り置きしておけば便利。

ピエロみたいな顔の天丼

天丼も盛りつける時に顔になっていた方が楽しいので、かおごはんにする。ボウル皿にご飯を盛りつけて、天丼のタレをかける。口に海老の天ぷらを2本、鼻と頭に椎茸の天ぷら、ご飯に穴を開けて目にしたら、ピエロみたいな顔の天丼キャラクターかおごはんの出来上がり。

かおごはん2品目

おしながき
お好み焼き(ニコニコ笑顔)

かおごはん「お好み焼き」

キャベツを刻んで大きめのビニール袋に入れ、他にも玉子、山芋、かつお節粉、片栗粉、小麦粉、豚肉、桜えびなどお好みの具材を全てビニール袋に入れて混ぜると手が汚れず、洗い物も増えないので便利。ボールに入れて混ぜるよりも透明なビニール袋の方がまぜ具合も確認出来るので、均等によく混ざったお好み焼きができる。

ニコニコ笑顔のお好み焼き

お好み焼きも盛りつける時は顔になっていた方が楽しいので、かおごはんにする。お好み焼きにおたふくソースをかけて、マヨネーズで顔を描けばニコニコ笑顔のお好み焼きキャラクターかおごはんの完成

インスタグラムでもかおごはん

インスタグラム(instagram)では毎日食べたものを「かおごはん」にしてアップしています。食事をする時にただ食べるよりは顔になっていると少しだけ楽しい気分になります。

プクムク/pukumukuの「かおごはん」のインスタグラムはこちら

キャラ弁みたいにすごいお料理は時間が掛かるけれど、顔のためにわざわざ食材を持ってこなくてもその時の食事のおかずやご飯だけで簡単に「かおごはん」が出来上がります。食材もあまりなかったらその時の食事の具材に穴を開けたりして目や鼻や口の位置におかずを配置したり穴をあけるだけ、その時にある食材だけで時間がなくても「かおごはん」になります。

顔があると少し楽しい気分になる

時間がないときは簡単に「かおごはん」を作ればいいし、怒った顔、笑った顔、悲しい顔などその時の気分や食材でいろいろな顔を作ると、あわただしい時間の中でも食事の前のほんの1分くらいでサッと顔を作るだけで、ちょっと楽しい豊かな気分になる事でしょう。すごい盛りつけを考えるよりも顔にする方が数分でできて簡単だし面白いですよ。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク