ケララオーナムサディアを食べる

ケララオーナムサディア「アイキャッチ画像」
スポンサーリンク

サディアを食べる

サディアとは南インドのミールスと同様ご飯やチャパティ様々な種類のカレーや総菜などが入った食べ物ことで、南インドのケララ州では9月(日本では8月末〜9月にあたる期間)オナム(オーナム)祭というケララ州最大の収穫祭のお祭りがあり、そのお祭りで食べられるのがサディア(Sadhya)というバナナの葉っぱにいろいろな食べ物をのせたごちそう(ミールス)とのこと。そのサディアが食べられるインド料理のお店が都内にあるというので友人に誘われ行ってみる事にした。カレーの絵本なんかの参考になるといいな。

オナム祭(onam)とは

オナム祭(Onam)は古代インド、アスラ(インド神話の神族あるいは魔族)の王、マハーバリをたたえてケララに戻ってくることを願う祭りでインド南部ケララ(Kerala)州最大の収穫祭で、千年以上の歴史があるのだという。オナム祭期間中はオナムプーカラム (Onam pookkalam) と言う花や色砂をちりばめた鮮やかなフラワーカーペットのような装飾がケララの街のあらゆるところに作られる。この花の装飾はマハーバリを迎えるための意味がある。

プリカリ(Puli Kali)

祭りの最終日は最終日は「聖なるオナム祭」と呼ばれ、プリカリ (Puli Kali)という祭りが行われる。プリカリでは虎の姿に扮装し踊りが行われる。

ケララオーナムサディア「オナムプーカラム」

お店の入口にきれいな花の装飾があった。これが古代インド、アスラ王マハーバリを迎えるための意味合いがあるオナムプーカラム (Onam pookkalam)かな

ケララオーナムサディア「ゾウ」

オナムプーカラム (Onam pookkalam)と一緒にゾウも入口の両脇にいる。ガネーシャかな。

ケララオーナムサディア「オナムプーカラムとゾウ」

ゾウとオナムプーカラム

ケララオーナムサディア「オナムプーカラム」

店内にも花の装飾があってきれい。

ケララオーナムサディア「バナナの葉」

席に案内されると大小のスプーンとバナナの葉っぱが置いてある。予約客のみで満席で全ての席にバナナの葉っぱが置いてある。

ケララオーナムサディア「料理」

全員が着席すると店員さんが鍋に入ったカレー、総菜、サンバル、パパド(パリパリのおせんべいのようなもの)、ヨーグルト、ココナッツを使ったデザートなどを次々と入れてくれる。

食べ方

これといった食べ方はとくになく、例えばどんな味なのかちょっとずつ全ての料理を食べて味を確認してみて、ごはんにパパドを粉々にしてかけて食感を楽しんだり、いろいろな総菜やカレーをご飯にかけて組み合わせを楽しんでみたり、自分好みの味を作って食べると良いいとのこと。

それぞれの総菜やカレーが酸っぱいもの辛いもの、少し甘いものなどいろいろな味があるので組合わせるごとに色々な味を作ることができて楽しい。

手で食べる

スプーンもあるが店にいた客の半分くらいが手で食べていたので、まねして親指、人差し指、中指、の三本の指で食べてみた。スプーンで食べるよりよく混ぜて揉み込んで食べることができるので深く味わえる気がする。

ケララオーナムサディア「フィンガーボウルとチャイとバナナ」

食べ終わると手を洗うフィンガーボウル、チャイとバナナが出てきた。

サディア。初めて食べたが、いろんな味の総菜やカレーを組合わせて自分好みの味を作り出せる楽しみがあり、なかなか面白い食事でした。

メニューを見たら他にもいろいろなケララミールスなど南インドのカレー料理があるみたいなので、また食べにいこう。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク