pukumuku絵本キーワードを組み立てる

キーワードを組み立てるアイキャッチ画像
スポンサーリンク

pukumuku絵本キーワードを組み立てる

絵本テーマを掘り下げるの続き
絵本のメインテーマからキーワードをマインドマップや、ひたすら紙に書き出すなど自分のやりやすい方法で掘り下げたキーワードが複数出ていると思うので、それらのキーワードを使ってストーリーを組み立てる作業をする

キーワードを組み立てる

キーワードの重要度をきめる

キーワードをただ並べただけではストーリーの組み立てが難しいと思う。そこでメインテーマから世界観の重要度別に書き出したキーワードを並べてみると、全体の流れが見えやすくなる。重要度の見分けかたとしては、メインテーマからどれだけそのキーワードの紐付けのされかたが近いかで決めると良い。

例えば前回考えた冬、2月が最初に漠然と決めた大きなテーマ。節分が明確に決めたメインテーマ。視点が鬼に定めている。としたら、ストーリーの主体は鬼の視点で進める事を決めているので、節分というメインテーマから鬼の視点で紐付けされたキーワードを書き出しているはず。キーワードを出す上で考慮するのは、普段あるいは日常の鬼の気持ちについて、鬼はどう思い節分を過ごすのか、人と鬼との関係性、鬼から見たら人はどのように見えるのだろうか?逆に人から見た鬼との相関関係、鬼の幸せとは?など鬼の視点から考えた様々なキーワード書き出すことができると思う。そのキーワードを使いメインテーマから優先順位(メインテーマからの距離感)を決めるようなイメージで重要度を決めていくと良い。

マインドマップのような図解表現であれば、メインテーマの言葉から近いものがテーマにより近い上位のキーワードで、遠ざかるに従い紐付けされた連想のキーワードになると思うので、一目で分かりやすいかもしれない。

キーワードの優先順位を前後させたい

ただし下位にあるキーワードでも、このキーワードを大切にしたいなど、どうしても優先順位を前後させたいキーワードがあれば関連性が散漫にならないようにキーワードを並べるようにしても良い、その場合、重要度が前後するので、全体の繋がりが問題なく組み立てられるのか意識しながらキーワードを組み立てる。

起承転結

キーワードを重要度、あるいは優先順位などで並べたらいよいよ話を組み立てる作業をする。キーワードの重要度に応じて起承転結に当てはめていく作業に繋げる。ここからいよいよ絵本のストーリーを台割表を作り組み立てる作業になっていく。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

pukumukuのKindle電子書籍絵本よろしければご覧下さい。
pukumukuehonpukumuku/プクムクのオリジナル電子書籍えほん

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク