日本版KindleUnlimited読み放題スタート

KindleUnlimited日本版「アイキャッチ」
スポンサーリンク

Kindleが月額980円で電子書籍読み放題

対象になっている電子書籍が読み放題のサービス日本版KindleUnlimitedが8月3日スタートした。海外では2014年にKindleUnlimitedがスタートしていて、毎月$9.99でKindleが提供する600,000以上のタイトル電子書籍、2,000以上のオーディオブックが、読み放題というもの。私の電子書籍も日本でKindleUnlimitedが始まってから、KDP(KindleDirectPublishing)のレポートページを見ると読者が読んだページ数を算出するKENPC(Kindle Edition Normalized Page Count )が8月3日を境に日本での閲覧数が上昇している。

Amazon Kindleページ

KindleUnlimited日本版「読み放題」

早速Kindleのページを開くと初回30日間は無料で利用出来るそうだ。

同時に電子書籍を利用できるのは10冊

Kindle Unlimitedで同時に利用できるのは10冊。10冊以降はKindle Unlimitedで登録した本の管理画面で利用中の本を終了すれば続いて利用する事が出来るので、読んだ本は終了させれば何冊でも読み放題だ。

Kindle Unlimited 読み放題

KindleUnlimited日本版「絞り込み」

AmazonトップページからKindle本(電子書籍)を選択すると、カテゴリ、ジャンルなどが表示される。そこにあるKindle Unlimited 読み放題のリンクを見るとKindle Unlimitedの対象となっている電子書籍一覧を見る事が出来る。Kindle Unlimited対象の出版社を見てみる事にした。

出版社のKindleUnlimited対応タイトル

KindleUnlimited日本版「提供している出版社」

出版社のKindle Unlimited対応タイトルをみると、参加している出版社、参加していない出版社と様々だ。

Amazon著者ページ

KindleUnlimited日本版「著者セントラル」

pukumukuの著者ページも見てみるとKindle価格とは別に「¥0 Kindle Unlimited」が表示されているので、KindleUnlimitedを利用しているユーザーは読み放題だ。

電子書籍を個人で販売している著者には説明によるとKindleUnlimitedで読まれた本はこのような分配金が入るようになっている。

KDP セレクトの著者および出版者は、自身の出版した本が Kindle Unlimited を通じて読まれたページ数に応じて KDP セレクト グローバル基金より分配金を受け取ることができる。各国で分配される基金の割合は一定ではなく、為替レート、読者の読書行動、定期購読商品の現地価格など、多くの要因に基づいて変動。著者に分配される金額は、読者が読んだページ数の合計に占める割合によって決定されます (1 冊の本で 1 人の読者から得られる既読ページ数の合計は最大 3,000 ページ)

とのことなので国によって、為替レートや様々な要因で分配金が変動、毎月ページ数に応じて支払われる。

日本でもスタートしたKindle Unlimited。これからもっと日本でも電子書籍を読む機会が増えてくれるといいと思う。

よろしければ「pukumukuのKindle電子書籍絵本」ご覧下さい。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク