LINE着せかえをクリエイターが制作できる

Line着せかえがスタート
スポンサーリンク

追記:Aメイン画像iOSのサイズ変更がありました

4月より「Line着せかえ」販売可能

LINEクリエイターズマーケットから4月より「Line着せかえ」も販売可能になることが発表された。「クリエイターズ着せかえ」の審査開始時期は4月中旬、販売開始時期は4月下旬を予定。「制作ガイドライン」と「着せかえ審査ガイドライン」が公開されていたので、一つ一つ見て行く事にした。

LINEきせかえとは

LINE全体のデザインを、好みのデザインに変更できるサービスです。配色やアイコン、ボタンなどデザインが全部変わるので、全体の印象がガラリと大きく変わります。

気になった文言

制作に当たってガイドラインを読んでいたら、制作ガイドライン(詳細)に書かれている一言が気になった。

※最新版のLINEで着せかえの販売を継続いただくにはアップデートの対応が必要となります。

これは最新版の仕様が変わるたびに修正作業が必要になるのだろうか、Lineスタンプのように作ったらそのまま販売継続され続ける形ではなく、LINEきせかえに関しては最新版の仕様が変わるとアップデート対応が必要になって来るのは大変だと思った。アップデートの頻度にもよるし、自分の作ったLine着せかえがアップデート作業が売上に見合うだけ売れるのなら問題ないのだが、あまり売れない場合、アップデート作業に時間を費やすのか、販売を取りやめるか岐路に立たされるシーンもありそうだ。

選べる販売価格

販売価格は1セット360円・480円・600円(各150コイン・200コイン・250コイン)から自由にクリエイターが選択して決定することが可能。

※あまり高いと買うときのハードルが高いので、個人的には最低価格の360円にして様子を見た方がいいかと思った。

クリエイターの利益配分

売上総額からApp Store/Google Playなどの手数料(30%)を除いた50%(売上総額の35%)がクリエイターへの収益分配額。

※これはLINEスタンプと同じような設定だ。

制作画像A~D

制作する点数は49点だが、iOSとAndroidの画像サイズ別にイラストを作るので実質にイラストを描き起こす点数は27点。

line-kisekaesize1

Aメイン画像(3個)
iOS
W 100 × H 142 

W 200 × H 284(公式ガイドラインにて変更がありました)
Android
W 136 × H 202
LINE STORE
W 198 × H 278

Bメニューボタン画像(20個、iOSとAndroid各10個ずつ)
iOS
W 128 × H 150
Android
W 128 x H 112

Cメニュー背景画像(2個、iOSとAndroid各1個ずつ)
iOS
W 1472 x H 150
Android
W 640 x H 112

Dパスコード画像(16個、iOSとAndroid各8個ずつ)
iOS
W 120 × H 120
Android
W116 × H 116

制作画像E~G

line-kisekaesize2

Eプロフィール画像(4個、iOSとAndroid各2個ずつ)
iOS
W 240 × H 240
Android
W 247 × H 247

Fトークルーム背景画像(2個、iOSとAndroid各1個ずつ)
iOS
W 1482 × H 1334
Android
W 1300 × H 1300

Gスプラッシュ画像(Android、背景、ロゴ+イラスト)
背景
W 1300 × H 1300
ロゴ+イラスト
W 480 x H 720

必要なテキスト

必要なテキストはガイドライン通りに書けば問題ないが、説明文はキーワード検索される事を想定して、イメージするキーワードを盛り込んだ方がいいと思う。

クリエイター名
50文字以内

着せかえタイトル
40文字以内

着せかえ説明文
160文字以内

コピーライト
50文字以内 (英数字のみ)

LINEスタンプより作りやすい

一通りガイドラインを見た感じ、総点数は49点だが、iOSとAndroid各サイズ別に作るだけなので、実際にイラストを描く点数は27点。作業工程はLineスタンプよりも少ない、Lineスタンプのようにシーンごとに描くイラストが多くないのもLineスタンプより作りやすいと思う。

風景や模様などにチャレンジ

Lineスタンプでは出来なかった風景や模様のイラストなどもLINE着せ替えでは作れるのでチャレンジしてみたいと思った。シンプルな模様でちょっと大人なLine着せ替えとか作ってもいいかも。

実際のサイズを作る

line-kisekaesize3

制作ガイドラインを見ながら、実際の大きさの制作サイズのpixelごとに枠を作る。LINEきせかえを作るにあたって、私はイラストレーターとフォトショップというソフトで制作していくので、これをサイズごとにアートボードにしていく、この作業をすることで効率よく各工程のイラストを制作できる。

まずはチャレンジ!

LINEきせかえに関して、頻繁に着せかえるようなことをユーザーはするのだろうか?LINEスタンプのように頻繁に使い分けるような事がないので、どれくらい売れるのかまだ未知数だが、なにごともチャレンジしないと始まらないので、なにはともあれ作ってみようと思ったのでした。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク