LINEスタンプとマイナンバー登録

LINEスタンプとマイナンバー登録「アイキャッチ画像」
スポンサーリンク

マイナンバーご提出のお願いのメールが来る

LINE Creators Marketの分配金額が決定する毎月13日頃になると分配金額決定のメールと別にマイナンバーご提出のお願いのメールが来る。分配金を口座に入金する場合、何度も分配金を送金申請していると手数料が掛かりもったいないので年に一回申請することにしているのだが、毎月同じ内容のマイナンバーご提出のお願いのメールが来るので、取りあえずマイナンバーだけ先に登録する事にした。

マイナンバー登録の必要のあるクリエイター

2016年1月以降の分配額の合計が5万円を超え、事業形態が「個人」のクリエイター。6月13日以降送金申請より送信申請画面に「個人番号(マイナンバー)ご提出のお願い」のお知らせが表示され、マイナンバー登録しないと送金申請出来なくなっています。

LINEスタンプとマイナンバー登録「マイページ」

まずマイナンバー登録する前に、アカウント設定の「姓」と「名」に分かれた正しい氏名のご登録。※2016年3月29日以降、(姓・名)をご登録しないとマイページのすべての操作が行えなくなるそうです。

名前(姓、名)は日本語または英語で入力。

ミドルネームがある方は、名前(名)に入力。名前(名)とミドルネームの間には半角スペースを入れる。

ここに記載された名前が確定申告とうで必要な各種支払調書等に記載する名前(姓、名)となるので間違えないようにしましょう。

つぎにアカウント設定にあるクリエイターIDにある文字列とパスワードがマイナンバー登録で必要になります。

LINEスタンプとマイナンバー登録「マイナンバー提出のお願い」

送金申請画面でマイナンバーが登録されていないクリエイターは送金申請ボタンが無効になっていて、委託されている富士通株式会社のマイナンバー登録ページのリンクがあり。登録出来るようになっています。

マイナンバー登録に必要な書類

●マイナンバーカード(通知カード)と身元確認書類が必要。

●自動車免許証などの顔写真付きの身分証だと1枚提出で問題ないが、持っていない場合は住民票や年金手帳など2枚の身分証が必要。

必要書類は、マイナンバーが記載されたカード(通知カード)と身元確認書類。
身元確認書類(顔写真付き)を持っているクリエイターは下記から1点を提出。
・運転免許証(運転経歴証明書)
・個人番号カード
・旅券(パスポート)
・学生証(写真付)
・外国人登録カード
・在留カード
・特別永住者証明書

上記書類をが無い場合は下記の2点を提出。
・社員証
・住民票の写し
・年金手帳
・身体障害者手帳
・児童扶養手当証書
・精神障害者保健福祉手帳
・療育手帳
・住民票記載事項証明書
・公的医療保険の被保険者証
・特別児童扶養手当証書
・住民基本台帳カード

身分証明書をアップロードする。

スキャナーがあいにく調子が悪かったのでiPhoneで写真を撮ったもので申請したが問題なかった。特に画像の解像度など指定がなかった。

申請事体は簡単でマイナンバーを数字で入力、身分証明書の画像をアップロードするだけ。

完了のメールが到着

LINEスタンプとマイナンバー登録「マイナンバー完了」

申請書類に不備が無ければ、だいたい1週間程で登録完了になりこのような通知メールが届く。

LINEスタンプとマイナンバー登録「送信申請」

そして送金申請画面を見てみると

[マイナンバー] 手続き完了です。送金申請が可能になりました。の記載が出て送金申請ボタンが有効になります。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク