風邪の時使うLINEスタンプ英語バージョン

pukumuku/プクムクのオリジナルLineスタンプ紹介
スポンサーリンク

風邪のとき使えるLINEスタンプ英語バージョン

季節の変わり目で急な天候不良や朝と夜の気温差が大きかったりすると、のどが痛くなったり頭痛がしたり体調を崩すことが多いですね。そんな体調が悪くだるい時って、相手にLINEで今の症状を文字で説明するのも大変。しかも英語で伝えなきゃいけないシチュエーションだとさらに大変。そういった時にLINEスタンプ1つ送ればどんな症状なのかすぐに分かる。とっても便利なLINEスタンプの英語バージョンの紹介です。

LINEスタンプ「英語で体調不良」

LINEスタンプイラストの紹介「英語で体調不良」

このLINEスタンプを作ろうと思ったきっかけは日本語での風邪やインフルエンザなど体調不良を訴えるLINEスタンプを作った時に、もし海外の友達や、旅行先で英語で具合悪い時の症状を伝えなければならないシチュエーションがもしあったとき使えるLINEスタンプを作ろうと思ったのがきっかけです。

具合悪いとき、ただでさえ文字で今の症状を伝えるのもシンドイのに英語で伝えるとなると更に苦労すると思います。そんなときにLINEスタンプ1つ送るだけで、いまノドが痛い、寒気がする、熱がある、頭が痛い、吐きそうなど細かい症状を英語で伝える事が出来ます。

また体調の症状に関しても以前作った体調不良や風邪を伝える日本語のLINEスタンプを参考にしながら症状順にLINEスタンプを並べてあるので、初期症状、中期、リハビリ、回復や予防と自分の症状のLINEスタンプを選びやすくしてあります。

使う言葉も以前作ったLINEスタンプの言葉を参考にしながら、自分の体験を元に、体調不良の時に使いやすかった言葉や、よく使った言葉などを英語に訳して言葉を考えてみました。

症状の過程

具合悪い(初期症状)
風邪や体調不良などのときにはのどが痛くなったり、おなかが痛くなったりする。そんな症状を伝えるスタンプ。

悪化してくる
次第に発熱、体調悪化、会社、学校を休んだりするときに伝えるためのスタンプ。

病院へいく
病院で診察、診療、入院するときに伝えるスタンプ。

安静にする
寝込んで、ゆっくり静養する、なかなか治らない、そんなことを伝えるスタンプ。

次第に治ってくる、予防
全快や病後のリハビリのスタンプと予防の手洗いやうがいのスタンプ

シンプルなブタさんのキャラクター

言葉が出来上がればキャラクター作り。一目見て、どんな症状なのか伝わりやすい事を第一に考えた結果。複雑な形のキャラクターを作るよりもシンプルな形と白を基調としたシンプルな配色でブタさんのキャラクターになっています。見た目もかわいらしく、自分の症状も伝わりやすいLINEスタンプになりました。

もちろん体調悪くならないほうが一番ですが、なってしまったらLINEスタンプのみで相手に症状を伝えて、あとは温かくして休養するのが一番です。どうかお大事に。

よろしければ「英語で体調不良」のLINEスタンプ使ってみて下さい。

pukumukuのLINEスタンプはテーマを決めてそのテーマの元に制作しています。病気のとき、誰かを褒めたいとき、子供のいる家庭、犬好き、ネコ好き、学校で、職場で、日常生活で、など色々なスタンプを使用するシーンを考え、テーマを決めて作っています。100種類以上のテーマとLINEスタンプがあるので、きっとお気に入りの使いやすいLINEスタンプが見つかりますよ。

お気に入りのテーマがあればぜひ使ってみて下さい。

プクムクのLINEスタンプ一覧

pukumuku/プクムクのオリジナルLineスタンプ紹介

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク