ペンで描いた仲間たち6。お返事編

pukumuku/プクムクのオリジナルLineスタンプ紹介
スポンサーリンク

受け答えにピッタリ手描きLINEスタンプ

暇な時、ちょっとした空き時間の合間にメモ帳にサラサラとイラストを描く事が習慣になっていて、気がつくとかなりの点数になっている。そこでこの沢山のメモ帳イラストを有効活用するためにLINEスタンプにしてみました。今回の第六弾は受け答えに使いやすいLINEスタンプです。

メモ帳を手の届く場所に置く

メモ帳にイラストを描くのが習慣になったのは、仕事のラフ書きやアイデアスケッチなどを描く時、ノートなどを持ち歩くよりもメモ帳にちょこっと書き記したほうが手軽で、いつでもどこでも描けるのでメモ帳を持ち歩くようになってから。

今でもラフを描くときにもメモ帳を使っているが、いつのまにか落書きイラストを描く事が多くなって、次第に空いた時間などにイラストを描くようになり、もっとすぐに描ける環境を作ろうとカバンの中、リビング、寝室、トイレなどすぐ手の届く場所にメモ帳とボールペンを置いておくことにした。

何かひらめいたとき、面白いイラストを思いついたときなどにすぐに手帳にイラストが描けるので、次第にメモ帳に描く事が日常的になり、習慣になっていった。

描いたイラストはメモ帳から切り離して箱にストック。沢山描いたイラストも時には仕事の発想の元になるが、多くのイラストは箱にストックしたまま、そこで沢山あるメモ帳の落書きイラストをLINEスタンプに。

LINEスタンプイラストの紹介「ペンで描いた仲間たち6」

テーマはお返事

沢山のイラストもただ並べてLINEスタンプにするのではなく、テーマを決める事で使用する目的を明確にした方が使いやすい。今回のテーマは「お返事」友達とLINEを使っている時にいろいろな受け答えがあったら楽しいと思って、様々なバリエーションの受け答えを作ってみました。「たのもー」「ちょこざいな」「早うせい」などなどちょっと面白い返事を考えてみました。

お返事に合うイラスト選び

面白いお返事の言葉を考えたら、それに合うイラストを選びます。膨大な数のメモ帳イラストからお返事に合うもの、新たに描きたしてお返事に合うようにリメイクしたものなど、40点のイラストを厳選しました。

イラストを透過

文字、イラストを選んだらイラストをiPhoneで撮影する。撮影した画像をiPhotoからパソコンに移行して、Photoshopでイラストの背景を透過。文字と合成し最終的にpngのデータを作成。規定のサイズに収めていきます。

こうして「お返事」がテーマのLINEスタンプの完成です。

よろしければ「ペンで描いた仲間たち6。お返事編」ご覧下さい。

pukumukuのLINEスタンプはテーマを決めてそのテーマの元に制作しています。病気のとき、誰かを褒めたいとき、子供のいる家庭、犬好き、ネコ好き、学校で、職場で、日常生活で、など色々なスタンプを使用するシーンを考え、テーマを決めて作っています。100種類以上のテーマとLINEスタンプがあるので、きっとお気に入りの使いやすいLINEスタンプが見つかりますよ。

お気に入りのテーマがあればぜひ使ってみて下さい。

プクムクのLINEスタンプ一覧

pukumuku/プクムクのオリジナルLineスタンプ紹介

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク