あまり強そうじゃないサムライ

pukumuku/プクムクのオリジナルLineスタンプ紹介
スポンサーリンク

鳥?サムライ?

あまり言葉を使わないことをテーマにしたLineスタンプを作ろうと思って作ったのが「トリサムライ」(SAMURAI Bird)のLineスタンプ。コミカルな動きで喜怒哀楽などの意思表示することにより。たくさんの言葉を必要としないので送るだけで意味が分かるようなイラストを描くように心掛けました。

Lineスタンプ「トリサムライ」

pukumuku/プクムクのオリジナルLineスタンプ「トリサムライ」

言葉が無いということはLineスタンプを送った時、表情や仕草で最大限の意図が分かるようにしなければなりません。そこでキャラクターの顔や身体のバランスを考える事にしました。とにかく見ただけでわかりやすい、伝わりやすいということが一番です。

デフォルメして見やすく

顔を大きくデフォルメすることで表情がよく分かり視認性が高まります。悩んだ顔、怒った顔、泣いた顔、笑った顔など様々な表情も一目で分かるようにしなければ伝わりません。顔を大きくすることでそれを解決しようと思い顔の大きな2頭身のキャラクターにしてあります。

トリ+サムライ

キャラクターを考える時に鳥とサムライを足したのは本当に単純な動機なのですが、海外の人に分かりやすいのはサムライとか和のイメージを打ち出したほうが分かりやすいのではないかと思ったからです。あまり複雑に考えるよりも第一印象で出した答えの方が、ひねくれていないぶん分かりやすいと思いました。見た目もあまり強そうに見えるよりも、少しおっとりした感じのほうが親しみがわくのではないかと思いゆるいキャラクターにしました。

線を太くする

文字要素である言葉がほとんど入らないので見た時の印象を強くする必要があります。線を太くすることでキャラクターの見た目が強くなり、いろいろな表情やしぐさをしたときに見やすくなる効果を考えて作成しました。

黄色と黒は目立つ

配色には黄色と黒を選びました。黄色は前に出るように見える進出色。黒は奥にあるように見える後退色と言って、進出色と後退色の組み合わせは踏切などに使われるようにコントラストの強いとても目立つ色なのです。この色を使うことによって警戒色と言って見た人が注意を払うよう促す効果のある色なのです。

ただやみくもにLineスタンプ用にイラストを描くのではなく、色の効果と線の太さを合わせることによって、いろいろな表情や仕草がより強調され、言葉が無くだたイラストの表情だけでも説得力のあるLineスタンプになることを意図して制作してみました。

よろしければ「トリサムライSAMURAI Bird」ご覧下さい。

pukumuku/プクムクのオリジナルLineスタンプ紹介

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク