ゆるねんど

pukumuku/プクムクのオリジナルLineスタンプ紹介
スポンサーリンク

ゆるゆる粘土のLINEスタンプ

すっごくゆるゆるのLINEスタンプを作ろうと100円ショップで油粘土を買ってきた。これを使って手描きやパソコンで描くイラストとは違った立体のLINEスタンプを作てみよう。油粘土なんて小さな頃、図画工作の授業や自由工作で使ったくらいなので20年以上手にしてないかもしれない、なんとも懐かしい感触で、ついつい色々な種類の立体のキャラクターを作ってみたよ。その中のひとつが「ゆるい」をテーマに作ったこのLINEスタンプ。粘土のゆるーい感じをうまく使って表現していきたい。

粘土はヘラで成形する

粘土で立体を作る時に活躍するのが「ヘラ」これも100円ショップで買ったのだけど、プラスチックで色もそれぞれ赤、青、黄色、緑、白、5本セット。原色でなんともチープな感じ。子供の頃使ってた粘土のヘラもこんな原色で包丁の形とか三本線が引ける形、彫刻刀の丸い形のようなのとか、いろんな形のが入ってた。懐かしいな。このヘラよりも細い線や穴を開けるのには爪楊枝を使うと繊細な作業をする時に便利。

LINEスタンプ「ゆるねんど」LINEスタンプイラストの紹介「ゆるねんど」

立体も言葉もゆるゆる

ゆるゆるな粘土のLINEスタンプなので手作り感いっぱいのフニャフニャした立体のキャラクターを制作。そして言葉もやはりゆるいほうがゆるゆる感がより出ると思うので、なんか癒されそうなけだるいような、あせらず急がずのんびりマイペースな感じの言葉をチョイスする事にしてみた。

やっちまった、ショボーン、えへへ、まんぷく、などのんびりな言葉。すごい!そうなんだ、いいねなど感嘆するような言葉など使いやすさとユルさの絶妙な加減を探りながら言葉を書き出してチョイスしていく。

立体はiPhoneで撮っていけば自動的にiPhotoからダウンロード出来るので便利。あとはexif情報を削除したり、データの容量を軽くして制作に適したものにして、文字をPhotoshopで合わせていけば出来上がり。ユルユルだけど使いやすいLINEスタンプが完成しました!

よろしければ「ゆるねんど」ご覧下さい。

pukumukuのLINEスタンプはテーマを決めてそのテーマの元に制作しています。病気のとき、誰かを褒めたいとき、子供のいる家庭、犬好き、ネコ好き、学校で、職場で、日常生活で、など色々なスタンプを使用するシーンを考え、テーマを決めて作っています。100種類以上のテーマとLINEスタンプがあるので、きっとお気に入りの使いやすいLINEスタンプが見つかりますよ。

お気に入りのテーマがあればぜひ使ってみて下さい。

プクムクのLINEスタンプ一覧

pukumuku/プクムクのオリジナルLineスタンプ紹介

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク