イラストの色について(オレンジの色彩)

スポンサーリンク

オレンジ色について

イラストやキャラクターを描く時にまず下書きを考えると思いますが、その時に一緒に色の事を考える事は完成までの道筋を立てるのに重要な行程です。せっかく素晴らしいイラストを描いたのにもかかわらず色が伴っていないと、全体の印象が変わってしまい魅力が半減してしまう。それだけ色彩は人の心に深くとどまり続け、見る人に与える影響が大きいものなのです。イラストのラフ書きをする時にセットで色の事を考える事でそれだけ完成度が高まるのです。今回は橙色(オレンジ)について調べてみます。

“イラストの色について(オレンジの色彩)” の続きを読む

イラストの色について(ピンクの色彩)

桃色(ピンク)について

イラストやキャラクターの完成度を高めるために第一にすること。それは色を考える事。どんな素敵なイラストでも色が伴っていなければ魅力が減ってしまう。色選びに関しても何気なく色を考えれば良いのではなく、そのイラストやキャラクターのテーマを考え、それに沿った色を色彩心理などを参考にし、なぜその色を選んで描くのかを明確にする事で論理的で説得力のある絵を描く事が出来るのだ。そのためには漠然と色を配色するのではなく、なぜこの色にしたのか考える習慣をつける事が重要。今回は桃色(ピンク)について調べてみようと思う。

“イラストの色について(ピンクの色彩)” の続きを読む

親不知海岸と姫川薬石

虎目の石を探しにいく

北陸新幹線で富山と金沢に行ってきたのだが、どうしても行きたいところがあった。新潟県の糸魚川市の親不知海岸というところにある姫川薬石という石を拾いにいきたいのだ。そこで富山駅からあいの風とやま鉄道という電車に揺られて親不知駅へ向かうことにした。

“親不知海岸と姫川薬石” の続きを読む

イラストの色について(紫色の色彩)

紫色(パープル)について

イラストやキャラクターを描く時いきなり描くのではなく、方向性を決め、それに合う色を色彩心理など参考にして配色すると最終的な完成形が見えやすくなる。意味のある色を考える事で論理的で説得力のあるイラストを描く事が出来ます。色は人の心にイメージや印象が深く残るのです。ですから色を選ぶという事は非常に重要な行程なのです。とりわけ紫色(パープル)は使う場面によって上品なイメージにもなり、下品なイメージにもなります。色の使い方や面積によってガラリと印象が変わってしまうので、慎重に配色の事を考えるべきです。

“イラストの色について(紫色の色彩)” の続きを読む