UTme!マーケットの規定が変更された

UTme!マーケットの規約変更「アイキャッチ」
スポンサーリンク

UTme!利用規定変更のメール

夏なので久しぶりにユニクロのTシャツ作成サービスUTme!(ユーティーミー)マーケットでTシャツをデザイン出品して販売しようかと思ってイラストを描いて、スマホからアプリを開いて出品の手続きをしていたら「出品エラー」が、そういえば少し前にUTme!マーケットの利用規定変更のお知らせメールが来ていたので、もう一度確かめてみる事にした。

UTme!マーケットは自分でデザインしたオリジナルTシャツをUTme!アプリを使って作ることができるUNIQLO(ユニクロ)のサービスでTシャツ以外にも、長袖Tシャツ(長袖)、パーカー、スウェット、トートバックなども作ることができる。

UTme!アプリ

UTme!マーケットの規約変更「アプリ」

UTme!マーケットでのオリジナルデザインのTシャツ作りは簡単で、アプリを起動、デザイン方法はPICTURE/画像TEXT/メッセージ、PAINT/ペイント、STAMP/スタンプの4つを組合わせて画像を配置、TEXTで文字を書き込んだりすることでオリジナルデザインのTシャツのベースとなる画像を作成。次にモザイクやグリッチなどのエフェクト(効果)をかけて更にオリジナリティを高める事もできる。あとは自分のデザイン料金をプラスして出品。審査があり通れば無事に販売する事ができる。

その規約が7月3日(月)から変更されたとの事。

UTme!利用規の定変更点

変更点1

出品数の上限が決められた。
1ユーザーにつき30点までの出品。
現時点で既に30点以上出品されているユーザーは、新規で出品する事ができない。
もし新規で出品したい場合、出品数が29点になるまで販売停止しなければならないそうだ。

今までUTme!マーケットの規約だと第7条(出品データについての特記事項)を見るとユーザーによる出品データの投稿は、1か月(毎月1日から末日まで)あたり100件までとのこと。

UTme!マーケットの規約変更「出品エラー」

現在出品しているのは90点程だったので、規約改定で1ユーザーにつき30点までの出品なので、出品エラーがでた。新規で出品したい場合、出品数が29点になるまで販売停止しなければならないそうだ。

変更点2

自動出品停止。
出品後、あるいは出品再開後90日間売上がないデザインは自動的に出品停止される。
2017年7月3日(月)に規定変更されたので、90日後である2017年9月30日(土)までに売上がないデザインは、自動出品停止となるそうだ。また自動出品停止は、登録したアドレスにメールに連絡が来る。自動出品停止になったアイテムでも再出品可能だが、出品後90日間売上がなければデザインは自動的に出品停止される。

UTme!マーケットの規約変更「アイテム詳細」

UTme!マーケットのマイページのデザイン、アイテム詳細画面を見ると最終売上日時と書いてある場所があり、売上があればここに記載してある日時から90日間売上がないデザインは自動的に出品停止される。また1枚も売れていなければ出品日時から90日間売上がないデザインは自動的に出品停止されるそうだ。

変更点3

デザイン料金の任意設定できる
マーケットに出品する際のデザイン料金を、300円~1,500円の間で自由に料金設定できるようになった。

UTme!マーケットの規約変更「出品料」

出品料で任意で300円~1,500円の間で自由に料金設定できる。以前は1律300円のデザイン料金だったので、作品によって得られるデザイン料金が変更出来るのは良いと思う。

変更後

変更によってデザイン料金の任意設定は良いが、90日間売上がないデザインが出品停止になること、出品数が30点までになってしまったので、Tシャツの需要が比較的少ない秋から冬など90日間売上がなく全作品が出品停止になる可能性、また出品数の上限が30点になってしまったので、いろいろなデザインを出品したい人には厳しくなったのかもしれませんね。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク