ダンボールにウサギのイラストを描く

スポンサーリンク

飛びはねるウサギのイラスト

躍動感あふれるピョンピョン跳ね回るウサギのイラストをダンボールにオイルパステルで描いてみた。大きな耳がピョコンと立っていて、つぶらなまん丸いウルウルした瞳。もふもふした毛に覆われたかわいらしいウサギ。あのコロンとした柔らかい形がなんとも言えない。そしてコロンとしたフォルムと一緒にあの跳ね回る動きをイラストで出して元気なウサギを表現してみたいと思った。キャベツなどごはんをモゴモゴ食べてるときもかわいらしい。

“ダンボールにウサギのイラストを描く” の続きを読む

イラストの配色について(まとめ)

スポンサーリンク

イラストを描く上で効果的な色を考える

イラストやキャラクター作りをおこなう場合、第一に考えたいのは配色のこと。配色が描くイラストとぴったり合っていれば絵のタッチと色の印象でより強いイメージを打ち出すことが出来る。そこでただ適当に色を選ぶのではなく色彩心理などを参考にして説得力のある配色を行うことが重要です。代表的な色について印象や色彩心理について書いていこうと思う。

“イラストの配色について(まとめ)” の続きを読む

イラストの色について(銀色の色彩)

銀色(シルバー)について

イラストやキャラクターを考える時、まず第一に考える事。それは絵のテーマに合った色を決めることです。配色を色彩心理などを参考にして決めれば説得力のあるイラストになり、制作途中に試行錯誤し迷う事があっても色が決まっている事により大きなテーマからブレることが少ない。そして最終的な完成度も高まってくるのだ。人は絵を一瞬パッと見た時には細かいデティールではなく、おおまかな形や色のほうが印象に残りやすい。それだけ色は人の心に残り印象を左右するきっかけとなるのだ。今回は銀色(シルバー)について調べてみた。

“イラストの色について(銀色の色彩)” の続きを読む

イラストの色について(金色の色彩)

金色(ゴールド)について

色彩心理などを参考にして配色を論理的に考える事はイラストやキャラクターを描く時、一番大事な方向性を位置づける事に繋がる。人は絵を一瞬だけ見かけた時、その絵に対してよほど興味が無い限りなかなか細かいデティールまで覚えていることは少ないだろう。覚えているのは大まかな形や色である。そこでイラストを描く時にその絵のテーマと同じ色彩心理の色を配色していれば、見た人にとって色の効果に合った印象を抱かせる事に繋がるのだ。それだけ絵を描く時には色の心理効果に注意を払う事が重要なのである。今回は金色(ゴールド)について考えてみようと思う。

“イラストの色について(金色の色彩)” の続きを読む