ダンボールに小さい鳥を描く

ダンボールに小さな鳥を描く。アイキャッチ画像
スポンサーリンク

小さなダンボールで鳥を描く

山のようにストックしている適当に切り抜いたダンボールの中から小さなダンボールが見つけたので、今日はこれを使ってオイルパステルでイラストを描く事にした。水平なラインと直角とアール、トンガリの印象的な形。丸い頭のヘルメットのイラストにしようか。直角を生かして角刈りの人のイラストを描こうか。いろいろ考えた結果、トンガリを生かして鳥さんを描く事にした。小さいダンボールとトンガリが小鳥に見えたからだ。

かわいい小鳥さん

ダンボールに小さな鳥を描く。イラスト

小さな鳥さんなので色を沢山使うよりもダンボールの地を生かしてオイルパステルでイラストを描く事にしました。黄色と青をベースカラーとして選び、それをサポートする感じで補色や強調させるような色を使って描いて行く事にしました。

小鳥のデティール

ダンボールに小さな鳥を描く。拡大

ダンボールの地を生かす為に青はべた塗りではなく、まばらに余白を生かすように塗ってみました。またベースの青い色を邪魔しない程度にピンクを添えてみることにより補色の効果で少しだけ青が強調されると思います。他にも黄色に黒を配色する事で警告色と言って色をより強調して目立たせるような配色を行ってみました。

ダンボール時が生かされつつ全体的には様々な配色で賑やかな印象の小鳥さんを描く事が出来ました。

イラストをフレームに入れる

ダンボールに小さな鳥を描く。額装

完成した小さな鳥のイラストはフレームに入れて出来上がりです。イラストを額の中に入れると額縁効果と言い、枠の中のイラストがとても印象的に見える効果があります。せっかく素敵なイラストを描いたらそれで満足し片付けてしまうようなことはせず、額装してお部屋の壁に飾ると部屋の雰囲気も変わり毎日が新鮮で豊かな気分になります。また画材屋や額縁屋さんでイラストに合いそうな素敵な額縁を買って額装したらイラストに愛着が湧きます。あるいは自宅に額縁があればそれを使ってもいいし、高価なものでなくても、100円ショップなどでも安い額縁が豊富な種類販売されていいます。安い額縁をさらにアクリル絵の具などでペイントして世界でたった一つの額縁を作ってしまうのも素敵な額縁とイラストでお部屋が華やぐ事でしょう。

今回は小さな鳥をオイルパステルで描きましたが、小さな小鳥なので何匹か一緒に額の中に収まっていても面白いし、小ささを強調させる為に大きめの葉っぱのイラストがあっても面白いかなと思いました。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク