ダンボールに赤髪の人を描く

ダンボールに赤髪の人を描く。アイキャッチ画像
スポンサーリンク

クチバシの大きなフクロウ描く

今日も適当に切り溜めたダンボールの山からイラストを描きたいと思うダンボールを探す。ギザギザの形が特徴的なダンボールを見つけた。これを使ってオイルパステルで何かを描こう。トゲトゲが印象的なのでハリネズミ。トゲトゲを波に見立てて泳いでる生き物。トゲトゲを炎に見立ててメラメラ燃える炎などあれこれ思い浮かべる。いろいろ考えた結果。トゲトゲを風が吹いて流れるような髪にして躍動感ある感じの人をイラストにしてみよう。

風でなびく赤い髪

ダンボールに赤髪の人を描く。イラスト

ギザギザの部分を赤い髪型にするが、顔の形を考えながら髪の生え際をオイルパステルで描いて行く。風でなびくようなイメージで生え際も今にも風が吹いていそうな形で描く。あごの下の赤い色は髪の毛ではなく襟元。このまま顔の一部にしてしまうとあごが尖った人になってしまうので顔の輪郭を考えて襟元を描いてみた。

赤い髪型のデティール

ダンボールに赤髪の人を描く。拡大

赤い髪もただ赤い髪にするのではなく下地に黄色、オレンジ、白、ときどき緑色などを入れ赤を上に乗せて行く。一番上にその赤い色を強烈な印象にして目立たせるために黒をまだらに乗せて行く。黒は他の色を引き立たせる効果があるので全体的なバランスを見ながら意図的に黒を乗せて行くと良い。こうして赤髪を深い色にする下準備をしていく。

スクラッチ技法で引っ掻いていく

最後に針金や釘などを使いスクラッチ技法で引っ掻いていく。こうすることで最初に下地に乗せた黄色、オレンジ、白、緑などが生きてきて、奥行きのある深い赤になっていく。

イラストをフレームに入れる

ダンボールに赤髪の人を描く。額装

完成した赤髪がなびく人のイラストはフレームに入れて出来上がり。イラストを額の中に入れると額縁効果と言って、額の中のイラストが素敵に見える効果があります。素敵なイラストを描いたらそれで終わりではなく、いつも額縁に入れてもっと素敵に見えるようにします。また画材屋や額縁屋さんでイラストに合う額縁を買って入れてみるととても大事なものに思えてくる。もし自宅にお気に入りの額縁があればそれを使ってもいいし、もし買うとしても高価なものでなくても全然構わなくて、最近では100円ショップなどで安い額縁なども豊富な種類があるので、そういった額縁でも充分です。イラストを額装してお部屋に飾ると、それだけで気分も楽しくなります。

今回は赤髪がなびく人のイラストにしたが、赤い髪でなくても青い髪、黄色い髪、レインボーな色の髪など、他の色の髪でも良かったかもしれない。あるいは同じ形にダンボールを切って、赤髪、青髪、黄髪と3人兄弟のイラストを描いても面白かったかもしれない。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク