電子書籍絵本。ねこいっぱい

電子書籍絵本の紹介「アイキャッチ画像2」
スポンサーリンク

ねこはどこにかくれているかな?

素敵なイラストの風景にかわいい猫がいっぱい。そんな沢山の猫を探し出し、数えながら数の数え方に親しんでもらおうと思って作ったのがこの絵本です。かわいい赤いソファーの上や下、不思議な街や建物のあちこちに隠れている猫さん、いったい何匹いるのでしょう。楽しみながら数を覚えてみましょう。

「ねこいっぱい」 Kindle版

ねこいっぱい かずのえほん

電子書籍絵本 Kindle版:表紙+22ページ(オールカラー)
推薦機種:Kindle Fire、Kindle Fire HD、iPadなど、カラー表示ができるタブレット。

【内容】
数の絵本 ねこいっぱい
この絵本はどのページを開いてもカワイイ猫だらけです。綺麗な風景のイラストの中に沢山の猫が隠れているよ。大きな木の中や屋根の上、ソファーの上や物陰、じゅうたんの上でゴロゴロ寝転ぶ猫の姿など、かわいい仕草や表情の猫が描かれています。この本の狙いは注意深く1匹ずつ猫を見つけ出すことで子供達の注意力や集中力を育てたり、猫が全部で何匹いるか数えることで数のかぞえかたを覚えるのに役立つ知育絵本になっています。猫の表情や風景のイラストを楽しみながら数の勉強に役立ててみてくださいね。

お子様でも読みやすいように大きな文字になっています
想像力たっぷり楽しみながら読んでみて下さい

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

pukumuku絵本はいろんなテーマで描いています

みなさんは子供のころ読んだ絵本を覚えているでしょうか?私は子供のころに読んだ絵本から沢山の事を学びました。子供のころは何故?何?など沢山の知識欲や好奇心がいっぱいです。なぜ空は青いの?星が動くの?なんで虫は幼虫、サナギ、成虫になるの?いろんな動物の鳴き声や生き物のウンチの形、世界中のあいさつや風習、なんで?これはなに?そんな様々な何故?何?に応えてくれたり、素敵なファンタジーや空想の世界につれていってくれたのも小さな頃に読んだ絵本でした。それは私が大人になった今でも絵本から得た沢山の知恵や知識は生き続けています。そしてこれから子供達の進む先に私の絵本で、新しい世代の子供達へ知恵や知識のバトンを繋ぎたい、そんな想いで描いています。

pukumukuの絵本が世界中の子供たちの心にとどまり続ける事を願っています。

pukumukuのKindle電子書籍絵本よろしければご覧下さい。
pukumukuehonpukumuku/プクムクのオリジナル電子書籍えほん

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク