かおごはん(カルビ丼とグリーンカレー)

かおごはんタイトル画像、ピンクとブラウン
スポンサーリンク

かおごはん1品目

おしながき
カルビ丼(ひげのおじさん)

かおごはん「カルビ丼」

カルビという言葉は韓国語であばらを意味するそうだ。なのでカルビといえばあばら周辺の肉、主にバラ肉などを指すそう。また牛肉をカルビだと思う人もいるかもしれないが豚や鶏肉などもカルビ肉というそうだ。

ひげのおじさんのカルビ丼

カルビ丼も盛りつけるときに顔になっていたほうが楽しいので、かおごはんにします。丼に玄米ご飯を盛りつけます。次にカルビ肉をニンニクやコチュジャン、砂糖、醤油などのタレに合わせて焼き玄米ご飯の上に頭の部分とヒゲの部分に配置。最後に菜箸などで口と目と鼻を描いたらひげのおじさんのカルビ丼キャラクターかおごはんのできあがりです。

かおごはん2品目

おしながき
グリーンカレー(まゆ毛太い)

かおごはん「グリーンカレー」

グリーンカレーペーストを使うと簡単にグリーンカレーが出来上がるので、玉ねぎやパプリカなどそのときにある食材を適当に入れてグリーンカレーペーストとココナッツミルクで煮込んだら美味しいグリーンカレーの完成です。

まゆ毛太めのグリーンカレーカレー

グリーンカレーも盛りつけるときに顔になっていたほうが楽しいので、かおごはんにします。カレーボウルに玄米ご飯を盛りつけます。次に玄米ご飯が埋まらない程度にグリーンカレーを注ぎます。玄米の上にグリーンカレーを煮込むときに使ったコブミカンの葉をまゆ毛に、コーンを目と鼻に、唐辛子を口に配置したら、まゆ毛が太いグリーンカレーのキャラクターかおごはんのできあがりです。

インスタグラムでもかおごはん

インスタグラム(instagram)では食べたものを「かおごはん」にしてアップしています。食事をする時にただ食べるよりは顔になっていると少しだけ楽しい気分になります。

プクムク/pukumukuの「かおごはん」のインスタグラムはこちら

キャラ弁みたいにすごいお料理は時間が掛かるけれど、顔のためにわざわざ食材を持ってこなくてもその時の食事のおかずやご飯だけで簡単に「かおごはん」が出来上がります。食材もあまりなかったらその時の食事の具材に穴を開けたりして目や鼻や口の位置におかずを配置したり穴をあけるだけ、その時にある食材だけで時間がなくても「かおごはん」になります。

顔があると少し楽しい気分になる

時間がないときは簡単に「かおごはん」を作ればいいし、怒った顔、笑った顔、悲しい顔などその時の気分や食材でいろいろな顔を作ると、あわただしい時間の中でも食事の前のほんの1分くらいでサッと顔を作るだけで、ちょっと楽しい豊かな気分になる事でしょう。すごい盛りつけを考えるよりも顔にする方が数分でできて簡単だし面白いですよ。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク