火のライオンさん

pukumuku/プクムクのオリジナルLineスタンプ紹介
スポンサーリンク

ライオンのLINEスタンプ

ライオンだけどちょっと可愛らしくもありへなちょこなLINEスタンプを作ろうかと思った。そこでライオンに何か要素を足してみようと、ライオンのたてがみの形がが炎のように見えるので火を足して火属性のライオンさんにしてみた。火には赤い炎とガスのように青い炎があるので、赤と青2種類のライオンさんをまずは考えてみた。キャラクターの設定は火とライオンなので、マッチやろうそくなど火にまつわるものが好き、ライオンなのでちょこっとだけ勇敢でがんばり屋さんみたいな設定にして制作する事にした。

Lineスタンプ「火のライオンさん」

LINEスタンプの紹介「火のライオンさん」

火の赤と青の違い

そういえば今まであまり考えてこなかったけれど、一般的なの火って赤だけどガスの炎は青なのだろう。ちょっと調べてみた結果、火の温度が関係しているようだ。火を燃やすには空気が必要だ、空気の量が少なくて上手く燃えていない不完全燃焼を起こしている時には赤い炎になる。空気が充分行き渡っていて完全燃焼している炎は青くなる。なるほど、今まで赤い炎が普通の火だと思っていたのが、本当は不完全燃焼の火だったのか。

火のライオンさんも赤いライオンさんは不完全燃焼らしく少しおっちょこちょいなキャラクター設定にして、青いライオンさんは完全燃焼だから完璧で強いキャラクターにしたいところだけど、一般的に火って言えば赤なので隠れキャラクターみたいに少しだけ登場することにしようか。

文字は少なめのキャラクターにする

キャラクターの設定なども火を調べる事である程度、絞り込まれてきたので、実際にイラストを描いていく行程。今回はキャラクターの設定があるので、感情表現が豊かに出来そうだ、そこで色々な国の人が使えるように文字は少なめでキャラクターの表情でいろいろな意思表示を考える事にした。

火にまつわるアイテムを描く

まず火の設定なので、マッチやロウソク、薪(まき)などのアイテムを描いて、それを使って面白い表現、例えばロウソクに火を分けてあげている、ロウソクの糸をくわえてモジモジしている、マッチにスリスリして火をつけようとする仕草、薪の上に乗ってたき火やキャンプファイアーになりきっている、など火にまつわる表現。

使いやすい表現も入れる

あとは使いやすいように嬉しい、悲しい、怒る、疑問に思う、YES、NOなどの一目見て分かりやすい表現を描く事にした。こうして火とライオンのちょっと変わったLINEスタンプが出来上がったのでした。

よろしければ「火のライオンさん」ご覧下さい。

pukumuku/プクムクのオリジナルLineスタンプ紹介

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク