国際宝飾展2018へ行く

国際宝飾展2018へ行く「アイキャッチ」
スポンサーリンク

誕生日にイラストにつける天然石を買いに行く

仕事柄、誕生日やお祝い事などにイラストを贈ることが多い。その時に相手の誕生日に合わせた誕生石、相手を応援、エールを贈る気持ちを込めてパワーストーンの言われなどを考えて天然石のルースなどをイラストによく貼付けてプレゼントしたり、ルース付きのイラストをショップなどに卸して販売することもある。手持ちの天然石のルースの在庫が減ってきたので国際宝飾展へ買いに行く事にした。

誕生日のイラストの作り方はこちら「うれしい誕生日イラストを作る方法

国際宝飾展(こくさいほうしょくてん)とは

毎年、東京ビッグサイトで行われる天然石、鉱物、宝飾品の展示会のこと。International Jewellery Tokyoを略してIJTとも呼ばれる。パワーストーン、鉱物、 宝飾関係者や商談会などを目的としている。会場は東京国際展示場(東京ビッグサイト)。

国際宝飾展は宝飾関係者向けの展示会なので、基本的に一般の人は入場出来ないが、雑貨店などショップなどにルース付きのイラストを販売している繋がりからデザイナー/クラフトマンとしての招待状で入場する。

国際宝飾展2018へ行く「東京ビッグサイト」

国際展示場駅で降り立つとまだ道路の端には溶けずに残った雪があり、風も強く寒い中、東京ビッグサイトへ向かう。

国際宝飾展2018へ行く「展示案内」

第29回国際宝飾展の案内板。同時開催でガールズジュエリー東京も開催されているようだ。

受付に行く前に招待状に必要事項を記入し、受付で招待状と名刺二枚を渡しデザイナー/クラフトマンの通行証をもらいそれを首から下げて警備員に見せて入場する。入口では2人の警備員が厳重に通行証をチェックしている。

会場は広いので入口にマップがあり見ると、ガールズジュエリー、パール、ジェムストーン、などエリアが分かれている。

国際宝飾展2018へ行く「天然石、鉱物」

ジェムストーン、天然石や鉱物のブース。欲しい石がいろいろあったが、今回はルースを買いにきたので天然石や鉱物のブースはぐるっと見て回っただけ。

国際宝飾展2018へ行く「天然石、鉱物」

ジェムストーン、鉱物、天然石などのエリアは年末行った東京ミネラルショーで出展していたショップなども入っていた。

そして今回の目当てのルースなどの問屋が入っているエリアでまずはブース事に値段や欲しい天然石のルースの目星をつけながら回る。一通り回ったらいよいよルースの購入。

ルースとは

ルースとはアクセサリーなどを作る時に使うカットした天然石の裸石の事、この宝石ルースを台座やペンダントなどに入れる事で装飾品で使われるアクセサリーになる。宝石ルースは国際宝飾展だけでなくアクセサリーを作る材料が売っているお店などでも購入することもできます。ダイヤモンド、サファイア、ルビーなど誕生石の種類やカットによっては数万円〜と高い宝石もあるが、安いものなら1つ数百円から買うことができる。

国際宝飾展2018へ行く「ルース」

今回買った宝石ルース。

ラピスラズリ(意味:直感力や判断力を高める)
トルコ石、ターコイズ(意味:勇気、行動力、積極的になれる)
ムーンストーン(意味:心穏やかに平和な気持ちになる。恋愛成就)
淡水真珠(意味:災いを跳ね返し日々幸せに過ごせる)
スモーキークオーツ(意味:精神の安定、不安の解消など)
オニキス(意味:昔から魔除けや正しい判断力のお守りとして使われていた)
茶金石、ゴールドストーン(意味:チャンスを引き寄せる、金運)
ミスティッククオーツ(意味:水晶にチタンを蒸着させた人工的な色合いの石。才能を引き出す)

手に取る人のことを深く考え、意味などを考えながらルースを選んでみました。またいろんな人の手にルース付きのイラストが届くといいな。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク