藤子・F・不二雄ミュージアムに行く2

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「アイキャッチ画像」
スポンサーリンク

館内の展示エリアは撮影禁止

藤子・F・不二雄ミュージアムのチケット記載の入場時間12時近くになると店員さんに整列するよう促されみんな並び始めます。そして店員さんによる写真撮影の可能な場所と禁止している場所などの注意事項の説明や館内の展示物の案内を聞く事が出来る「おはなしデンワ」の使い方の説明などがあります。それが終わるとローソンのロッピーで購入したチケットを1Fの受付で渡し、パンフレットと※Fシアターのチケット、「おはなしデンワ」を受け取ります。入口でも説明があったけどパンフレットには撮影可能な場所と撮影禁止の場所があるのでよく読むといいでしょう。基本的にきこりの泉を除く展示エリアとFシアターは写真、ビデオ撮影は禁止。

※Fシアターは藤子・F・不二雄ミュージアムでしか観られないオリジナルの短編アニメーション。ミュージアム2階の200インチワイドスクリーンで上映されます。座席数は100席。ちなみにFシアターは受付でもらうチケットで一人一回限り観る事が出来る。

予習してくるのがオススメ

展示エリアは撮影禁止なのでみなさん行ってからのお楽しみです。月によっていろんな展示イベントがあるようです。

行く前に藤子不二雄Aの「まんが道」と「愛…しりそめし頃に」を読んで行ったので、藤本弘(藤子・F・不二雄)との出会い、生い立ち、戦前戦後の時代背景とかトキワ荘のメンバーなど繋がりなどが凄く分かりやすく、藤子・F・不二雄ミュージアムの展示エリアの内容がより深いところで響きました。もし時間があるならばこれらの本で予習して予備知識を詰め込むと感動しますよ。

ここからミュージアムカフェのメニューや藤子・F・不二雄ミュージアムの屋上のフォトスポットなど載せますが、今は見たくない、自分の目で見て楽しみたいって人はこのまま閉じましょう。

ミュージアムカフェ

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「ジャイ子の”ハット”シュッドビーフ」

なんと6月15日は、ジャイアンこと剛田武のバースデーってことでミュージアムカフェではジャイアンフェアが開催されていてジャイアンにまつわるメニューがいっぱいありました。ちなみにドラえもんの誕生日は2112年9月3日だそう。

ジャイ子のハットシュッドビーフはハッシュドビーフがジャイ子のベレー帽になっていてカワイイ。サラダも良く見たらドラえもんとドラミちゃんと鈴のパスタでした。細かいところまで考えているね。

ジャイアンとカツ丼

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「ジャイアンのカツ丼」

ジャイアンとカツ丼は器がGのマークとジャイアンの服の色に合わせたオレンジだね。これがいがいとボリュームがあって美味しかった。食べ終わると器の底にはジャイアンの言葉が書いてあります。(食べてからのお楽しみ)

アンキパンのフレンチトースト

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「暗記パンのフレンチトースト」

バニラアイスと一緒に食べるとアイスのヒンヤリとトーストのあつあつが合わさってとっても美味しいアンキパンのフレンチトースト

モジャ公のクッキーシュー

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「モジャ公」

モジャ公のカリカリのシュークリーム。中にはバニラビーンズの粒々が沢山でバニラの味が口いっぱいに広がります。食べるのがもったいない。

ジャイアンのコースター

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「コースター」

カフェラテを注文したらジャイアンフェアのコースターをもらった。

ミュージアムカフェのメニュー表を見るとコロ助やパーマンなどいろんな顔が描かれているがカフェラテの顔は選ぶことが出来ません。どの絵柄が来るのかはお楽しみにということだそう。

ジャイアンのカフェラテ

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「カフェ」

ジャイアンのカフェラテ。心の友よ!ってちゃんと書いてあるね。ちょっと飲むのがもったいない。

ドラえもんのカフェラテ

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「カフェ」

ドラえもんのカフェラテ。ニコニコしててかわいいね。

ドラえもんと土管

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「ドラえもんと土管」

3F屋上に広がる庭園の「はらっぱ」です。ドラえもんと原っぱの土管。ここは撮影スポットで撮影のために行列ができてました。

土管の中の落書き

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「土管の中」

なんと土管の中には落書きが!この落書きただの落書きじゃなくて「みせかけ落がきペン」で書かれたという設定。「みせかけ落がきペン」で書くと落がきが本物にみえるというお話がドラえもんのコミックにあります。

どこでもドア

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「どこでもドア」

どこでもドアだ、小さい頃これでいろんな場所に世界旅行出来たらいいななんて思いました。

のび太の恐竜

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「のび太の恐竜」

藤子・F・不二雄ミュージアムのパンフレット表紙にも描かれている「のび太の恐竜」のピー助に乗るのび太とドラえもん。

ピー助

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「のび太の恐竜」

ピー助の細かい表情までよく表現されています。武田鉄矢のエンディングの歌「ポケットの中に」が心の中で流れてきました。

パーマンとブービー

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「パーマンとブービー」

はらっぱにはパーマンとブービーもいます。今にも声が聞こえてきそうだ。

オバケのQ太郎とO次郎

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「オバケのQ太郎とO次郎」

オバケのQ太郎とO次郎が壁に!絵描き歌とかQ太郎の靴に化けるシーンとか思い出すよ。

ドラミちゃん

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「ドラミちゃん」

はらっぱにいるドラミちゃん。よくみると足がめり込んでた。そういえば、はらっぱ横にあるギフトコーナー藤子屋にはドラミちゃんの大好物メロンパンが売っていた。

ジャングル黒べぇ

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「ジャングル黒べぇ」

はらっぱには他にもいろんなキャラクターがいる。ジャングル黒べぇが山の斜面に隠れていた。

のび太の大魔境

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「のび太の大魔境」

これも山の斜面にのび太の大魔境のヘビー・スモーカーズ・フォレストにあるバウワンコ王国の石像。

キー坊

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「キー坊」

キー坊も山の斜面に隠れていた。アニメにも出ていたが大長編ドラえもん「のび太と雲の王国」や「ドラえもんやのび太と緑の巨人伝」にもキー坊出ていたね。

ウマタケ

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「ウマタケ」

帰ろうとしたらまたまた斜面にウマタケが隠れていた。何度か周回して確かめたんだけど、もしかしたらまだ見つけきれていないキャラクターがいるかも。

まんがコーナー

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「ドラえもん読書」

2Fには漫画コーナーがあって藤子・F・不二雄の作品を自由に読む事が出来る。ソファーでのんびり漫画を読んでいたら結構時間が経ってしまった。

きこりの泉「きれいなジャイアン」

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「きこりの泉きれいなジャイアン」

2Fきこりの泉には「きれいなジャイアン」がいた。きこりの泉はイソップ童話に出てくる「金の斧、銀の斧」をテーマにした、ドラえもんのひみつ道具の一つ。 レバーを自分で上下に動かすと空気圧でジャイアンが徐々に水中から登ってくる仕組み。手を離してしばらくすると水の中に沈んでしまう。

きれいなジャイアン1

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「きれいなジャイアン」

水中にいるジャイアン

きれいなジャイアン2

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「きれいなジャイアン」

ライトアップされながら泉から顔が出てきたジャイアン

きれいなジャイアン3

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「きれいなジャイアン」

もう少しで出てくるジャイアン

きれいなジャイアン4

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「きれいなジャイアン」

きれいなジャイアン。女神ロボットも一緒にいたらいいのにな。

のび太の魔界大冒険の石になったドラえもん

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「ドラえもんチンカラホイ」

思わずチンカラホイと唱えたくなる。のび太の魔界大冒険の石になったドラえもん。2Fの中庭にある

あっと言う間に時間が過ぎてしまい気がついたら閉館時間が近づいてきた。とくに2Fの漫画コーナーはのんびり漫画を読んでいたら驚く程時間が過ぎてしまった。

オバケのQ太郎バス

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「オバケのQ太郎のバス」

帰りは登戸駅行きのミュージアムバスに乗っていく事にした。外観のラッピングされた藤子・F・不二雄のキャラクターだけじゃなく中の停車ボタンもオバケのQ太郎になっていた。ごはん山盛りのイラストが描かれていて、今にもQ太郎の「おかわり!」とママに催促する声が聞こえてきそうだ。

登戸駅前のドラミちゃん

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「ドラミちゃん」

登戸駅のバスターミナルに到着すると、ドラミちゃんの銅像がお出迎え。たのしかった。

アンキパンラスク

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム「暗記パンのお土産」

ミュージアムショップ、ギフトコーナー藤子屋で販売されていたアンキパンのラスクをお土産として買ってきた。食べるのがもったいないくらいよく出来ている。

藤子・F・不二雄ミュージアム、今回はジャイアンフェアだったけど、オフィシャルサイトをチェックしてイベントが変わったら見にいこうかな。

「藤子・F・不二雄ミュージアムに行く1」はこちら

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク