ハロウィンのおばけかぼちゃ

ハロウィンのおばけかぼちゃ「アイキャッチ」
スポンサーリンク

ハロウィン絵本つくりました

毎年10月31日はハロウィン。かぼちゃの中身をくり抜いた「ジャックオーランタン」を作ったり、子供たちは思い思いのオバケや魔女に仮装して家々を回ってお菓子をもらったり、大人たちもハロウィンの仮装パーティーやイベントなどが沢山あることでしょう。そんなハロウィンにぴったりなAmazon、Kindleの電子書籍絵本を作りました。その名も「ハロウィンのおばけかぼちゃ」

ハロウィンのイベントやパーティーが沢山

私が子供の頃はハロウィンがクリスマスのように一般的ではなくて、ハロウィンについて外国の絵本や小説などから知識を得たくらいで、仮装して近所を回ってお菓子をもらうくらいしか知りませんでした。それが今や9月に入ればデパートや雑貨店、お菓子屋さん、レストランまでハロウィンにあわせたフェアやグッズ、パーティー、イベントのプランまでさまざまなものがあふれていて、大人から子供までいろいろなハロウィンイベントの情報が時期から沢山流れています。

ハロウィンのおばけかぼちゃ

ハロウィンのおばけかぼちゃ

そんな多くの人にハロウィンが一般的になってきたので、ハロウィンをテーマに電子書籍絵本を作ろうと思い制作したのがこの電子書籍絵本「ハロウィンのおばけかぼちゃ」です。

ジャックオーランタンがテーマ

ハロウィンの絵本は世にいろいろあるので、見たことのないようなハロウィン絵本を作ってみようと思いハロウィンのカボチャ(ジャックオーランタン)をテーマとした電子書籍絵本を制作してみることにしました。

おばけが育てるカボチャのお話

ハロウィンの象徴として思い浮かぶのが、かぼちゃの中身をくり抜いて作ったおばけかぼちゃ(ジャックオーランタン)このかぼちゃ、実はおばけさんたちが月夜の晩にくわやスコップを片手に畑を一生懸命たがやして1つ1つおばけさんたちが愛情たっぷりに作っているのです。

このかぼちゃ一見普通のカボチャなんですが、月夜の光りですくすくと成長していくうちに目が出て口が出て鼻が出てとしだいにおばけかぼちゃに変身していくのです。無事に立派なおばけかぼちゃに成長したら魔女や包帯男、ドラキュラ伯爵、もちろんあなたのもとにも届くまでのちょっと不思議な、あまり読んだことのないような面白いハロウィンのストーリーになっているんです。

小さなお子様でも読みやすいように大きな文字になっています。ハロウィンの近いこの時期。想像力たっぷりの楽しいおばけかぼちゃの物語。お子様や親子で楽しくご覧になるのはいかがでしょうか?

ハロウィンのおばけかぼちゃ」よろしければごらん下さいませ。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク