かおごはん(サラダとクリームシチュー)

かおごはんタイトル画像、黄色と紫
スポンサーリンク

かおごはん1品目

おしながき
レタスサラダとからあげ(あんぐり口をあけている顔)

かおごはん「レタスサラダ、からあげ」

レタスが安かったので買ってきてサラダにしてみた。クックパッドを見て酢と砂糖とごま油と醤油を混ぜながら醤油のドレッシングを作ったが、とても美味しいね、市販のドレッシングより自分で作った方が好きな味に出来るから美味しいかもしれない。あとはあまっていた唐揚げとマヨネーズを掛けてみた。

あんぐり口をあけている顔のレタスサラダ

レタスサラダを盛りつけるときも顔になっていた方が楽しいので、かおごはんにする。レタスと一口大に適当に手でちぎりサラダボールに入れて醤油ドレッシングとマヨネーズをかけ、唐揚げを目、鼻、口に配置したら、あんぐり口を開けた表情のキャラクターかおごはんのできあがり。

かおごはん2品目

おしながき
クリームシチュー(ハッ!とした顔)

かおごはん「シチュー」

ニンジン、ジャガイモ、玉ねぎ、コーン、鶏肉を入れてクリームシチューを作ってみた。寒い日にはクリームシチューが簡単に作れてあったまるのでよく作る。

ハッとしたシチュー

クリームシチューも顔にした方が楽しいので、かおごはんにする。シチューのルーをスープボウルの入れて、ニンジンで目、鼻、口、頬を鶏肉、目にコーンを乗せたら、ハッ!とした表情のキャラクターかおごはんの出来上がり。

インスタグラムでもかおごはん

インスタグラム(instagram)では毎日食べたものを「かおごはん」にしてアップしています。食事をする時にただ食べるよりは顔になっていると少しだけ楽しい気分になります。

プクムク/pukumukuの「かおごはん」のインスタグラムはこちら

キャラ弁みたいにすごいお料理は時間が掛かるけれど、顔のためにわざわざ食材を持ってこなくてもその時の食事のおかずやご飯だけで簡単に「かおごはん」が出来上がります。食材もあまりなかったらその時の食事の具材に穴を開けたりして目や鼻や口の位置におかずを配置したり穴をあけるだけ、その時にある食材だけで時間がなくても「かおごはん」になります。

顔があると少し楽しい気分になる

時間がないときは簡単に「かおごはん」を作ればいいし、怒った顔、笑った顔、悲しい顔などその時の気分や食材でいろいろな顔を作ると、あわただしい時間の中でも食事の前のほんの1分くらいでサッと顔を作るだけで、ちょっと楽しい豊かな気分になる事でしょう。すごい盛りつけを考えるよりも顔にする方が数分でできて簡単だし面白いですよ。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク