かおごはん(さつま揚げ煮と袋ラーメン)

かおごはんタイトル画像、オレンジと青
スポンサーリンク

かおごはん1品目

おしながき
さつま揚げの煮浸し(ニコニコおじさん)

かおごはん「さつま揚げとパプリカとシメジ」

豆腐入りのさつま揚げが安かったので買ってきた。冷蔵庫にはパプリカとシメジがあったので一緒に入れて煮浸しにしよう。

煮浸しの作り方

今回はさつま揚げは切らずにそのままにした。しめじ、パプリカは食べやすいように一口サイズくらいに切る。

鍋に水300ccとだしの素、酒大さじ1、醤油大さじ2、みりん大さじ2を入れて沸騰させる。この時にさつま揚げを一緒に入れて味を良くしみ込ませていく。

さらにパプリカとシメジを入れてだいたい5分くらい煮込む。あまり煮込みすぎるとパプリカがしんなりしてしまうので、適度なとこで火からおろして、出来上がりです。

ニコニコおじさん煮浸し

あとは器に盛りつけるだけだが顔にした方が楽しいので、かおごはんにします。まずさつま揚げを二つ深皿の真ん中に並べます。パプリカで眉毛と口にします。顔の周りにシメジを散らします。最後にシメジを切り傘の部分を2つ目に置いて、石突きの部分を困った眉にします。鼻に1本シメジを置けば、ちょっと困り顔のニコニコおじさんのキャラクターかおごはんの出来上がり。

かおごはん2品目

おしながき
袋ラーメン醤油味キャベツ沢山(いぬ?)

かおごはん「袋ラーメン醤油味」

本当に時間がないときは乾麺の袋ラーメンでさっさと食事を作ります。でもこれだけじゃ栄養不足なので冷蔵庫にあったキャベツを沢山ザクザク切って、豚肉も少々加えて一緒に煮込んでラーメンを作ります。キャベツの甘さがほんのり加わって美味しいラーメンになります。

キャベツと豚肉は相性がいい

キャベツは味もあっさりしていてどんな食材とも合うのですが、とりわけ豚肉との相性がいいようです。キャベツは食物繊維が豊富に含まれているので脂肪や糖の吸収が緩やかになります。一方豚肉は脂肪の燃焼を促す成分であるカルニチンが多分に含まれています。

キャベツが脂肪の吸収が緩やかにして豚肉が脂肪の燃焼を促す。とても理にかなった組み合わせなのです。トンカツとキャベツの千切りなんかも何故あんなに千切りが沢山入ってるのか疑問でしたが、とても意味のある組み合わせだったのですね。豚肉とキャベツの組み合わせはダイエットメニューでもよく登場するそうです。

キャベツたっぷりラーメンワンちゃん

ラーメンが出来上がったら盛りつけですが顔になっていた方が楽しいので、かおごはんにします。ラーメンの器に麺とスープを入れます。キャベツと豚肉を中心を少し開けて周りに散りばめます。海苔で目、鼻、口、眉毛、耳を入れたら、かわいいワンちゃん?のキャラクターかおごはんの出来上がりです。

イラストレーター
キャラクターデザイナー
プクムク/pukumuku

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク